2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.02.23 (Fri)

『はつこいの死霊』 草間さかえ

本読み仲間から、久々の推薦図書のお知らせがきました♪
このことろご無沙汰気味のボーイズラブ――なので、苦手な方はスルーしてねん。


はつこいの死霊 【はつこいの死霊】
草間 さかえ (2004/11)
東京漫画社


なんとなく小説だと思い込んでいたのだけど、手元に届いたらマンガでした(笑)。
タイトルはホラーだけど、内容はクールな初恋ストーリー。

大学生と中学生の時出会った彼らが再会するのは10年後。
中学生も念入りに初恋を抱き締めたまま大人になり、
しかし相手は、すっかり彼を忘れていました。

誰かに自分を忘れられるというのは切ないことだけど、
それが特別な人ならばなおさらってもの。
怒りや苛立ち、やるせない想いはとても分かるし、
自分が思いだせない昔の出来事で迫られる方は混乱するばかり。

半ば脅迫まがいに身体を重ねたりするにもかかわらず、
彼らの関係は緊密にはほど遠い。
どこか乾いた雰囲気は、大人になる今までに互いに色々なものを諦めてきた時間が、
ストーリーの中に上手く漂わせているからでしょう。

繊細さと大胆さを同居させた男たちの絶妙なやりとりが楽しめます。

スポンサーサイト

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

00:13  |  コミック  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.02.21 (Wed)

『リストランテ・パラディーゾ』 オノ・ナツメ

時々お邪魔するサイトの管理人さんがお薦めしていたマンガで、
はじめて読んだ作家さんです。

ローマのとあるレストランを舞台に繰り広げられる、
ちょっぴり甘酸っぱい人間模様――とっていう感じでしょうか。

独特の絵柄なので好みがあるかもしれないけれど、
ちょっとお洒落で、切なかったり、癒されたり、傷ついたりしながら、
作品全体に流れるまったりとした空気がいい感じ。

リストランテ・パラディーゾ 【リストランテ・パラディーゾ】
オノ ナツメ (2006/05/18)
太田出版



眼鏡をかけた素敵なおじ様がたくさん登場します。
個人的にワタクシ、
おやじ萌え、というか、
大人の殿方萌え(というのがあるのか分からないけど)体質なので、
思わずときめいちゃったい

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

16:16  |  コミック  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.08.05 (Sat)

夏にはお江戸がよく似合う

ビール、浴衣、花火、高校野球、青空、白い雲…
夏になると恋しくなるものはいろいろございますが、
「お江戸」も恋しいその一つ。

なんでかなんて訊かないでー。
ひょっとしたら前世の記憶かもしれないけど、
とにもかくにも、夏はお江戸よ、お江戸でござる。

というわけで、買ってみました。

艶

艶(あですがた)捕物噺 深谷 陽

深谷さんといえば「武器と麻薬以外なら何でも運ぶ」、
プロの『運び屋ケン―Ken the Sweeper―』
彼が走り抜けるアジア圏の濃密な空気が好きで、
つい復刻版を買ってしまってビンボーになった記憶もまだ新しいっつーのに
その深谷さんが描いたけれん味たっぷりの江戸末期の物語。
自分がファンというだけでみなさんに無責任にお薦めするのだ♪

与力と歌舞伎役者という双子の兄弟という設定とか、
話の展開が面白いのはもちろんだけど、
着物や半襟、帯やかんざしなんていう小物をちゃんと描きこんで、
お江戸風味がさらに滴ってくる感じ。

深谷さん、もっと荒唐無稽で奔放で、
おっとなーなエロティックを期待します。

テーマ : まんが - ジャンル : 本・雑誌

01:13  |  コミック  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。