2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.07.09 (Wed)

「理髪師の些か変わったお気に入り」 榎田尤利

4199004858 理髪師の些か変わったお気に入り
 榎田 尤利
 徳間書店(キャラ文庫)
 2008-06-25



都心での修行を終え、しぶしぶ実家を継ぐため帰省した美容師の晴輝。
そこで再会したのは、ずっと疎遠だった幼なじみで親友の圭治。
海洋学を学ぶため街を出た圭治は、家業を継いでなぜか理髪師になっていた!! 
「お前はこの街にいればいい」 
幼い頃のまま世話を焼いてくる圭治だけど、晴輝はその真意が掴めずに!? 
近すぎて、その視線の熱さに気づけずにいた……藤井沢商店街シリーズ完結!!


藤井沢商店街シリーズ、最終巻。
2作品が収められており、表題作を晴輝視点で、続編「理髪師の、懊悩やむないお気に入り」は
圭治視点で書かれている。

オムツをしている頃からの幼馴染みで、晴輝が振り返るといつもそこには圭治がいて、
黙って助けてくれた。
それが当たり前すぎて気づかなかったけど、実は好きだったことを自覚する、というのが
「理髪師の、些か変わったお気に入り」。
しかしこの作品の読みどころは、無口で無表情な圭治のミステリアスな胸の内って
ところかもしれない(笑)。

謎多き圭治視点で描かれる二作目「理髪師の、懊悩やむないお気に入り」で、
彼はその内に秘めた心情をバラすことになるのだ。
実は表情筋があまり動かないので顔にはでないが、胸の内はドキドキもの。
圭治の繊細な心は事あるごとにセロハンテープやガムテープが必要なくらい傷ついてしまう。
ただひたすら切ない恋を抱き続け、現実に胃に穴まで開けるほど臆病なところが、
なにやら可愛いくて、妙にツボ。

最終巻らしく、続編には今までの主人公たちも登場。
同窓会の近況報告みたいで、楽しく読了。

シリーズ関連本はこちら↓
スポンサーサイト

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

15:25  |  榎田尤利  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.07.09 (Wed)

「ビューティフル・プア」 榎田尤利

『愛は金銭では買えない。ただし、金銭もまた、愛で得られるわけではない』
いつの世にも変わらぬ真理である(笑)。

貴族でも、そうじゃなくても、あなたはあなたでしょう?」
父親の命で、遠い異国へとやってきた玲一郎。貧乏のあまり、自らを売りに出した
侯爵・アロウが所蔵する絵画が目的だ。彼を求めて大富豪が集まるなか、唯一庶民の
玲一郎はなんとか侯爵に近づこうとする。その超絶美貌にも揺らがなかった玲一郎だが、
彼の人柄に触れるうちに、なぜだか心から笑う顔が見たくなり―。
榎田流ノーブル・ロマンス。



設定は美貌の貧乏貴族様の身売りと突拍子もないが、
王道路線を突っ走る物語の勢いに、一気に引き寄せられてしまった。
キャラクターも個性的で魅力があるし、コメディとシリアスのバランスも良い。

公爵が、なぜ「身売り」という手段を選んだのか。
窮地にあって、なぜある一枚の絵だけを売らないのか。
軽やかだがコミカルでシニカル、謎解き要素もあって最後にじんわり。
これぞ榎田流ってところか。
稲荷屋房之介さんの麗しいイラストもまた相まって、うっとり蕩けさせていただいた。

そういえば今回舞台となったトリニティア(架空の国)は、
この作品とほぼ同時期に出版された『菫の騎士』にも登場している。
もしかしたらシンクロしてシリーズ物になっていくのかしらん――ワクワク。
あ、出版社が違うか。

 ビューティフル・プア (B-BOY NOVELS)
  ビューティフル・プア (B-BOY NOVELS)
  榎田尤利








テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

14:33  |  榎田尤利  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.10.29 (Mon)

『名前のない色』榎田尤利

切なくて愛しくて抱き締めたくて、優しい気持ちになります。


名前のない色 / 榎田 尤利

水窪あきらには、作品の好評さとは裏腹に、いい噂がない。
それでも、以前から彼の画風に心惹かれていた、
編集者の藤野渉は挿絵を依頼するが…。(「BOOK」データベースより)

このところ榎田さんにはやられっぱなしだぁ。

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

18:46  |  榎田尤利  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。