2017年03月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.08.24 (Sun)

「そして、裏切りの夜が始まる」いとう由貴

詰めは甘いけど、BLにはめずらしいノアール小説。
ブラックなハッピーエンドなので、好みは分かれると思う。私は嫌いではないけど。

千坂翔はたったひとりの家族である弟・俊樹を病院に見舞った帰りに、あるニュースを耳にする。資産家として知られる幣原家のひとり息子が、交通事故で亡くなったというものだ。
幣原家の当主は俊樹の実の父親だ。自分と俊樹はよく似ている・・・
弟を守るためにはこの方法しかない。そう思った翔は俊樹のふりをして幣原家を訪ねるのだが、そこで運命を狂わせる男と出会い!?


「弟の治療費のために」俊樹に成りすまして幣原家に入り込んだ翔。
上手く入り込んだつもりだった翔の企みに、気付いていたのが叔父の信威。
「真実をばらされたくなかったら」というあたりは、お約束な展開なのだが、
実は信威の真意はもっと深い。
その目的のために翔を利用するという流れは、学生時代にはまった「悪女書き」の
カトリーヌ・アルレーを思い出した。もちろん本作の場合は「悪い男書き」だけど(笑)。

幣原家の当主、康成の死によって、「一人息子」の翔は莫大な財産を相続することになる。
そんな大きな欲などなかったはずなのに、翔は引き返せないところまで追い詰められてしまう。

愛人の子として育った信威は、「幣原家の全てを奪う」ことを目標に生きてきた。
康成の死によって、信威は、相続人となった翔の後見人として、
幣原家の全てを取り仕切っていくという形で、図らずもその目的が達成されることになる。

すべてを手に入れたとはいえ、大きな「嘘」の上に、
二人はこれからの生活(未来)を築いていかなければならない。
二人の行く先はなにも暗示されていないが、
健気に頑張る翔が幸せであるようにと祈ってしまうラストだ。
信威の得体の知れない恐ろしさが、この小説をキリリと引き締めている。


4813011721 そして、裏切りの夜が始まる (SHY NOVELS 204)
 佐々木 久美子
 大洋図書 2008-04-26




それにしても、読了したのは一ヵ月半くらい前。
読むのは早いから、そんな本が山ほど溜まっているのよ。
遅筆な自分がカナシイわ…
スポンサーサイト

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

00:49  |  いとう由貴  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。