2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2002.05.02 (Thu)

「被虐の荒野」神崎春子

ナザレの人につき従う、使徒のようだ……


初出1987年12月-1990月4月まで4回に渡って「小説JUNE」連載。
こりゃまたずい分古い作品(もの)を……(汗)。
ハードな作品が多い神崎さんだけど、今になって思うと、当時はまだ神崎さんにしてはおとなしめだったみたいです。まだハードJUNEの範疇に入っていました。この後、一気にハードSM系に突入したように思います。

kanzaki_0a.jpg  被虐の荒野 (耽美小説SERIES)
  神崎 春子
  勁文社 1992-12
4766917421







内容
菫色の瞳が美しくはあるが、寂しげな青年、メラニー・マーフィはテキサスの牧場で働いていた。
彼はある日、馬を届けに行ったウィンスロウの保安官事務所で、お尋ね者となったアレックのポスターを見つける。銀行強盗にして、父親殺し……愕然としながらもメラニーは、保安官ヴァローに知らない男だと答える。

だが、かつてメラニーはアレックの父サンダーズに救われ、アレックとは兄弟同然に暮らしていた。
あの夜……サンダーズとの情事を、アレックが見てしまうまでは。

「誰をも不幸にしてしまう腐った林檎」……おのれの存在が人を狂わすのだと、罪を重ねる危険な生き方を選んだアレックに、メラニーは罪の意識を感じずにはいられなかった。

メラニーは自分を責め、苛烈で理不尽な運命をも呑み込んでゆく。
しかし、メラニーのそんな生き方は、暴力、レイプという形で関わってくる、醜悪で常軌を逸した男たちの魂さえも、やがて救っていくのだった。

スポンサーサイト

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

00:27  |  神崎春子  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2002.03.02 (Sat)

「瞳に星降る」神崎春子

……あなたが心を傾けて……造りあげた僕は、男娼の真似ごとをしている……



kanzaki.jpg  瞳に星降る
  神崎 春子
  勁文社 1991-11
476691502X
 






内容
「洒落のひとつで、狼少年を優雅な牧羊犬に変えてみたい」――総合商社の若き総師、北条嘉明が、17歳の桐乃優を引き取ったのは、そんな気まぐれだった。
優は、身元引受人である佐伯の勧めに従い、エグゼクティブを絵に描いたような世界で、必要な教養を学んでいく。

嘉明には別居中の妻、雅子がいる。その雅子の行動がストーリーのキーポイントとなる。
雅子に関わったことで優は、嘉明の怒りを買い、暴力的に犯される。
衝撃のあまり屋敷を飛び出した優は、密かに想いを寄せる佐伯が不治の病であることを知らされる。佐伯の治療費と引き換えに、嘉明が提示した条件は奴隷になることだった。
優はすべての条件を呑み、かつ忠実に実行していく。

一ヵ月後、佐伯を見送った優は、自身の中の微妙な変化に戸惑いつつあった。
「心はいらない」という嘉明の言葉が、それを決定的に気づかせる。
やがて心を開き、愛し合うふたり。
だが、雅子の奸計により、歯車は大きく狂い始める。


テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

23:04  |  神崎春子  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2002.03.02 (Sat)

神崎春子(かんざき はるこ)

言わずと知れたハードゲイ小説の大家。
JUNEとかBLに分類してよいものか悩むところだが、作品の読後感は切なく、泣かせてくれる。
峰岸ひろみのPNで、少女マンガデビュー(!)。女性向け小説を神崎春子、男性向け小説では峯岸郁夫の名義で活動。ほかにもPNがあるらしいが確認できなかった。
1999年、神崎竜乙(かんざき・りゅうと)と改名。
代表作「ぺイ・シティ・ブルース」シリーズは、現在も同人誌などで発表している。
ほか、「家族の肖像」(角川ルビー文庫)、JUNEカセットにもなった「嗜虐の荒野」など多数。

余談であるが、先日神崎先生にお目にかかるチャンスに恵まれた。
本の後書きとか雑誌などのインタビューくらいしか読者が作者さんにお話をきける機会はない。
となれば色々お尋ねできるチャンスではないか! 
ところがである。
ボーっとしていた私はすっかりこんと忘れてしまったのだった。
この「発掘隊」で神崎先生の作品を扱うことは快くお許しいただいたのだが…ずーずーしくなりきれなくて残念(笑)。

■ 瞳に星降る
■ 被虐の荒野


テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

22:50  |  神崎春子  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。