FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009.06.04 (Thu)

「このささやかな眠り」Michael Nava

本の整理をしていて発掘。
ゲイの弁護士が主人公でハードボイルドって設定が当時の私には新鮮でした。
初めて読んだときは夢中になったものだけど、時間をおいて読み直してもやっぱり好きな小説です。
願わくば、まっさらな気持ちでもう一度読めればいいのに……(笑)。


それでも人生は続いていく。



4488279015このささやかな眠り (創元推理文庫)
Michael Nava 柿沼 瑛子
東京創元社 1992-09

by G-Tools


内容
ヘンリー・リオス、33歳。サンフランシスコ郊外に住むヒスパニックでゲイの弁護士である。公選弁護人としてリオスが、金髪で青い目のハンサムな青年ヒュー・パリスと面接したのは「オカマ専用」の留置所だった。罪状は麻薬所持。確かにヒューは逮捕前にマリファナを吸っていたが、彼の服から出てきたというシャーム(麻薬に浸した煙草)の所持については否定する。だが心は開かれず、リオスは名刺を置いて立ち去るしかなかった。
それでもヒューの動向が気にかかり、その午後に拘置所に連絡を入れるも、すでに保釈金が支払われ、彼は保釈されていた。
それから二週間ほど経った夜中に、リオスはノックの音に起こされる。そこにはヒューが震えながら立っていた。彼は遺産相続に絡み、祖父から命を狙われ、追い詰められてリオスをたずねて来たと言う。
ヒューは、地元政界や法曹界にも力を持つ大財閥を継承する家系にあった。しかし彼は幼い頃「男にしては美しすぎる」という祖父に犯され、あげく全寮制男子校に放り込まれ、以来祖父を憎んでいた。麻薬に溺れ、死に怯えるヒューの力になりたいと思いつつ、リオスは彼と交情を交わすようになる。
どこか不吉な影が漂う蜜月は、だが、一週間で終わりを告げる。ヒューが溺死体で発見されたのだ。一族の「黒い羊」であったヒューの死に嘆く者は誰もなかった。
警察が麻薬に酔った挙句の溺死として処理しようとする中、リオスは彼の死を他殺と立証するために動き出す……。

書評
もともとハードボイルドが好きな私である。だが正義を振りかざして熱血する探偵役はあまり好みではない。いや、ストーリーさえ面白ければなんでもOKという節操なしではあるが、好みに合えばそれに越したことはないだろう。
そして私は彼に惚れた。
ヘンリー・リオスは弁護士という職業柄もあって、法律から逸脱することはない。そのせいか33歳という年齢のわりにはとても老成している印象がある。枯れているといってもいほど彼は倦怠している。
もう一方で、ロースクール時代の友人からもっとましな弁護士事務所にスカウトされたとき、「金持ちの代理人をしていたのでは、大衆の叫びは聞こえてこない」と断るような、青臭いほど熱い情熱を胸に秘めている。
『気が狂うか、あるいはもう一度恋に落ちるには十分な時間だ』などと呟きながら、彼はヒューとの恋を意識する。
恋を確信するシーンのさり気なさがいい。

   カストロ・ストリートの角を曲がり、マーケット・ストリートにさしかかると同時に、
   ヒューはそっとわたしの手を離した。わたしたちはゲットーから出たのである。
   だがわたしは手を伸ばすと彼の手にふたたびすべりこませた。ヒューは驚いた
   ような顔でわたしの顔をまじまじと見つめたが、すぐにわたしの手をぎゅっと握り
   しめた。それでも人生は続いていく。

だが人生は呆気なく途切れてしまった。
ヒューを助けられなかった後悔と絶望的な喪失感を抱えながら、決して声高に叫ぶことなく、着実に真相に近づいていくリオスが、またいい。
ついには協力を拒み続けるヒューの母親の心を解放し、依頼人として手を携えることとなるシーンでは私は胸が詰まり、ついでに涙腺まで緩んでしまった。
ハードボイルドとしてはオーソドックスな仕立てだろう。だがリオスはヒスパニックであること、そしてゲイであることに対する偏見とも戦わねばならない。
己の矜持を貫くことがハードボイルドに要求されるものならば、彼の戦いのなんと厳しいことか。たとえ事件が解決しても死者は帰って来ない。
自分が求めていたのは正義などではなく、悲しみのはけ口だったのかもしれない。埋めようのない喪失感に身を置くリオスに、殺人課の女性刑事は慰めるわけでもなく、さらりと告げる。

   「悲しみは、正義の半身だわ」
   「そして残りの半分は『希望』というの」

愛と死が隣り合わせになっている作品であるが、そこからの再生を図る力強さが救いであり、このラストが秀逸である(ようするにベタ惚れっていうことか)。(2002.8.15 記)


【関連記事】
 ■ Michael Nava(マイケル・ナーヴァ)[作者紹介]
 ■ このささやかな眠り
 ■ ゴールデンボーイ
スポンサーサイト



テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 本・雑誌

00:45  |  M・ナーヴァ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.05.11 (Mon)

斎城昌美(さいき まさみ) 作者略歴

1990年「魔術士の長い影」(『神狼記―アシュラウル・サガ』第1シリーズ)で、今はなき大陸書房よりデビュー。この本の後書きにあるご本人の自己紹介が楽しいので、抜粋させていただく。

『美食と美しいものをこよなく愛し、能天気で素っ頓狂。しかし表面は常識人を装い、人前では猫を被る。東の地平線上に海王星を持つため、霊感は強い。が、中天に木星を持つことで、関心は社会に向かっている。(中略)で、こういう人間がファンタジイを書くとどうなるか、というと(略)剣と魔法 よりも謀略と軍事がストーリーの中心という、およそファンタジイらしからぬ(?)様式を持ってしまった。』

とあるように、ファンタジーの枠に収まらない、綿密に構築された独特の世界を持つ。
こういうサーガを書く方の頭の中身に、私はとても興味がある。できることなら覗いてみたいものだ。

代表作は「神狼記―アシュラウル・サガ」「ビザンツの鷲」
日本中世を舞台にした歴史小説「天を睨む」(双葉社)「天狗妖草子」シリーズ(中央公論社)などを執筆。残念ながらほとんど絶版。斎城昌美ファンとしては、もっともっと読みたいんだけどなぁ…。


『神狼記―アシュラウル・サガ―』

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 本・雑誌

23:25  |  斎城昌美  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.05.11 (Mon)

池波正太郎(いけなみ しょうたろう)

【作者紹介】
言わずと知れた時代小説の大家である。1000作以上の著作を残され、1990年に急逝。
私にとって「粋な殿方」の象徴でもあった。
行間から匂いたつような色気、テンポよく流れるストーリー、 絶妙なる会話、魅力的なキャラクターと、
どれをとってもエンターティメントな作品で素晴らしい。
特に会話の妙には唸ってしまう。ストーリーを説明するためや意味のない会話を羅列する小説が
多い中、会話にも計算された「粋」がある。
会話が会話として完璧に表現されている、といったらいいのだろうか。
読み手に、人物の口の動きから体全体の動き、そして、その場の空気の動きまでもを体感させ、
また会話の「間合い」にすら、微妙な心理描写を感じさせるのである。
氏は食道楽でも知られ、その関係のエッセイ集も楽しい。
作中にさり気なく配される食のシーンに思わず生唾を飲み、ついで作ってみる私である。
これがなかなか評判がよく、レパートリーが増えて嬉しかったりする(笑)。

ところで普通は、池波作品とJUNEが結びつかないかもしれないが、侮ってはいけない。

男色といっても、形態はさまざまである。
男と女が愛し合うように、男同士が肉体を愛撫し合うのも男色だが、強い精神的な
愛にむすばれているのも、一種の男色といえる。
ことに武士の世界にはそれが多い。(仕掛人梅安『殺しの四人』より)


と池波氏が書いているように、元々武士道には男女の色恋よりも、念者、念若という関係が尊ばれた
背景がある。
花郎藤子氏の『禽獣の系譜』ところでも書いたのだが、もともと男という種族には「男心に男が惚れ
た」とか、「あんたのためなら命も捨てる」という「ホモ因子」が潜んでいるらしいのだが(笑)、
それが氏の筆にかかると、同性が書かれることもあるのだろうが、何とも艶かしかったり、
ときに生臭かったり、そして切なく読ませてくれるのである。
時代物と敬遠される向きもあるだろうが、「人の世界は善と悪とが紙一重」「人の世は辻褄が合わぬ
ようにできている」という氏の人生哲学とともに、覗き見する価値は大いにある作品たちではないだろ
うか。

余談だが、「私の故郷は、なんといっても浅草と上野である」とエッセイに書かれている池波氏は、
浅草聖天町で生まれ育ち、今は西浅草の西光寺に眠っている。
作品と資料、そしてさまざまな時代小説を収集した「池波正太郎記念文庫」が東京の浅草にオープン
された。また、ここから歩いて10分ほどのところの台東区立中央図書館に記念文庫が設立されてい
る。全著作、書斎の復元、遺愛品などを常時展示して、江戸っ子の粋を貫いた池波ワールドのすべて
が堪能できる。


「闇の狩人」
「男色武士道」
「剣の誓約」(『剣客商売 』収録)
「妖怪・小雨坊」(『剣客商売 』収録)
「隠れ蓑」(『剣客商売 』収録)

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 本・雑誌

01:12  |  池波正太郎  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.21 (Tue)

赤江 瀑[作者略歴]

赤江 瀑(あかえ ばく)
昭和8年(1933) 下関生まれ。日本大学演劇科卒(中退としている文献もあり)
昭和45年「ニジンスキーの手」で小説現代新人賞受賞。
昭和48年「罪喰い」、昭和50年「金環食の影飾り」で直木賞候補。
昭和59年「八雲が殺した」「海峡」で第十二回泉鏡花賞受賞。

赤江瀑の作品に共通するのは執着だろうか。内面には常に不安が付きまとい、不安というものだけにもの心がついてまわる。それゆえ、誰かを求め、反発しつつも執着してしまう。
その「誰か」には甘さも優しさもなく、逃避、拒絶の姿勢をとらせる。不安へのたかまりに、次第に追いつめられ、狂気にも似た執着に結びつく。さらに追いつめられる結果が提示されると、薄ら寒さを覚える。それなのに人間の哀しみとおかしみが表裏となって、文章の背後からおいで、おいでと手招きしている感じで、なんとも魅惑的なのだ。

その内面描写などでもかなりJUNEちっくなのだけど、付け加えるなら、とにかく魅力的な殿方が登場する。肉体的な絡みがあるわけではないが、決して女には入り込めない、男たちの緊張感を孕んだ関係がなんとも淫靡。プラトニックなのにエロティックで……。
なんだろう、この味わい……。はまる人はずっぽりはまっちゃうんだよねー、赤江瀑に。


■ オイディプスの刃
■ 獣林寺妖変

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 本・雑誌

12:18  |  赤江 瀑  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.03.07 (Wed)

「聖なる黒夜」 柴田よしき

「愛してる者をわざと傷つけて、遠ざかるように仕向けたり、
殺してしまおうとしたり… 俺には分からん」


聖なる黒夜〈上〉 (角川文庫) 聖なる黒夜〈上〉 (角川文庫)
 柴田 よしき

 聖なる黒夜〈下〉 (角川文庫)
  by G-Tools

悪魔のように悪賢く、美しい男妾あがりのヤクザ…それが、十年振りに麻生の前に現れた山内の姿だった。十年前の気弱なインテリ青年はどこに消えたのか。この十年の間に何が起こったのだ?新宿を牛耳る大暴力団の幹部・韮崎誠一惨殺事件を捜査する麻生は、次第に過去に追い詰められ、因縁の波に翻弄されて暗い闇へとおちていく…。愛と宿命に操られた者たちの果てしなく長い夜。人間の原罪を問うて、深い感動を呼ぶ傑作。



ハードボイルドであり、ミステリであり、そして恋愛小説でもある密度の濃い作品。
RIKOシリーズの外伝的作品らしいが、単独でも充分楽しめる。

複雑に織り上げられた人間模様に潜む愛憎や数々の屈折した出来事が、
次第に解かれ、見事に収束していく。

一度、強烈な愛憎を一人の男と交わしてしまったら、
相手の命が果ててしまっても、自分の命が尽きない限り、
その妄執は断ちがたいのかもしれない。
そんな過去のしがらみや愛憎が絡んだ初期JUNE作品に馴染んだ世代には、
特に懐かしい匂いがするのではないだろうか。

もう1ヶ月以上前に読了したので、印象が少し薄れてしまったのだけど、
冤罪事件や同性愛など、重いテーマのわりに、
上下巻の厚さを感じさせず、さくさく読むことができる。



やーっと感想UPできましたー
溜まりに溜まった宿題がひとつ終わったぜ、ベイベー――って気分(笑)。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 本・雑誌

13:42  |  柴田よしき  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT