2002年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2002.12.06 (Fri)

柏枝真郷 「硝子の街にて」シリーズ

「おれは、とんでもないガキに惚れちまったらしい」



シリーズ書評
ミステリとしての味わいもさることながら、旅行会社でバイトをする伸行(ノブ)と、その幼馴染みで
あり、NY市警察本部殺人課警部補シドニーの関係が少しずつ変化していく過程が丁寧に描かれ、
純愛小説としても楽しめる。

柏枝作品らしく、それぞれの犯罪には哀しい動機が秘められている。
一般的に「人は何度でもやり直しができる」といわれるが、世の中には、どうしても償いようのない
過ちや、癒されたようにみえても積もってゆくだけの痛みがある。ほんのボタンの掛け違えとも
いえる齟齬から引き起こされてしまう事件は、人間の業が滲んだ切なさがある。
少しずつ事件関係者の内面を覗き、自分の人生を見つめ直しながら、その哀しい心理にシンクロして
しまうことで、ノブは犯人に行き当たる。

ティーンズ・ノヴェルということもあって『DESPERADO』シリーズに比べるとライトで、空間の中に
流れている風の感触というか、乾いた空間感覚で重く沈鬱になりがちなテーマも読みやすい。
また、ゲイの描き方も、ティーンズ・ノヴェルにありがちなモラトリアムな関係ではなく、NYという
社会背景を下敷きにマイノリティな部分もさり気なく描かれており、好感が持てる。
スポンサーサイト

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

19:26  |  柏枝真郷  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。