2003年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2003.10.21 (Tue)

「私説三国志 天の華・地の風 二」 江森 備

人間は、こんなにも簡単に、相手を切り捨ててしまえるものなのか?



孫権の妹・尚香が劉備に輿入れした。臥竜・孔明と並び称される鳳雛のホウ[广<龍]統が、
孔明の推薦で劉備に仕えることとなる。だが劉備は会ったばかりのホウ統に心酔し、
孔明と同格の軍師中郎将に任命しようとする。
軍師中郎将の座は「赤壁の戦い」という試練を経て孔明がようやく掴んだものだ。
当然ながら、孔明の胸の内は穏やかではない。
冷然たる様子の内実では嫉妬も妬みも渦巻いていた。
その人事は、劉備の周囲の武将たちをも二派に分けてしまう。
さらに、兄弟弟子であった孔明と比較され続け、鬱屈したものを抱えるホウ統は独自の動きを見せ、
孔明をさらに苦悩させる。
そして孔明が尚香の勧めで、呉にいる兄・諸葛瑾から養子をもらうために都を留守にしている間に、
尚香は劉備の嫡子・阿斗を連れて、実家への逃亡を図り、孔明はますます苦境に立たされる。
その苦境を救うために、女細作(しのび)フェイメイはある行動にでる決意をするのだが――。

孔明は敬愛する劉備の裏切りにも匹敵する行為に傷つき、己が選択したものに疑問を抱く。
2度とまみえることのない周瑜を狂おしいほど思慕する孔明の寂寥が哀れだ。
だが、この巻で一番切ないのはフェイメイの恋心であるかもしれない。
日和見で移り気な劉備の背中にケリを入れたくなった巻でもある(笑)。(2003/10/21記)



私説三国志 天の華・地の風 2巻 (fukkan.com)   私説三国志 天の華・地の風 2巻 (fukkan.com)
  (2007/6/29)
  江森備(えもり そなえ)

  





 

【関連ページ】
 私説三国志 天の華・地の風 (シリーズ書評)

*この記事は website【CAFE唯我独尊】から移行したものです。


スポンサーサイト

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

23:13  |  江森 備  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2003.10.21 (Tue)

「私説三国志 天の華・地の風 一」 江森 備

わたくしは、蛇です。



三国志「赤壁の戦い」直前の頃。孔明が女細作(しのび)であるフェイ[非<木]妹(フェイメイ)に、
大都督・周瑜の元からある物を盗み出すことを依頼するところから物語は始まる。

蜀の若き軍師・諸葛孔明は、呉と同盟を結び、魏と戦うべく、
劉備の使者として呉に単身乗りこんだ。孫権をその気にさせるのには成功したものの、
ある理由から人質同然に呉に留め置かれる。
実は20年前、孔明がまだ10歳の頃、彼は相国薫卓の枕侍童として使えていた。
その折、薫卓のお抱えの画師によって仕女図や侍童図、閨房図が描かれていた。
薫卓が誅された時に城と共に灰になったはずのそれらの画が周瑜の手に渡っており、
それを盾に呉に仕えるか、服従するかの選択を迫られる。
画を公開される事は、孔明にとって開き始めた天下への道を閉ざされることである。
劉備を裏切ることもできない。服従の証として、孔明は周瑜に関係を強要される。
やがて周瑜は孔明に執着を深め、孔明も周瑜に惹かれ、心を乱しつつも、
劉備の、そして己の野望のためにある暗い決意をする。
周瑜公瑾との愛を捨てて、その決意をするシーンは泣ける。


私説三国志 天の華・地の風 1巻 (fukkan.com) 私説三国志 天の華・地の風 1巻 (fukkan.com)
 (2007/6/29)
 江森備(えもり そなえ)
 








【関連ページ】
■ 私説三国志 天の華・地の風 (シリーズ書評)

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

22:32  |  江森 備  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2003.10.21 (Tue)

江森 備

【江森 備(えもり そなえ)作者略歴】

雑誌『小説JUNE』の「小説道場」出身。
「小説道場」第四回『桃始笑(私説三国志 第一作)』で、中島梓(小説道場の道場主)氏から
四級認定。その後、第六回で一気に道場初の初段、第九回の時には二段を獲得。
道場主に一番弟子と絶賛された。
代表作『私説三国志 天の華・地の風 1~9巻』は「江森三国志」とも言われ、世にある
『三国志』関係の本の中で微妙な位置にありながら、ヘテロな方々にも一目置かれている
作品である。

他に、エジプト神話をモチーフとした『王の眼 1~4巻』(発行:角川書店)がある。
こちらは古代エジプトを舞台に、二人の少年が王家の権力争いの核となっていく物
語。こちらも冒頭の王国地図からして、よくもここまで古代エジプトの地名を探し出し
たものと感心するほど、緻密に構築されている。そして、やはりちょっとJUNEっぽい
――だから私はややっこしいエジプト神話についていけたのだけど(笑)。



テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

22:23  |  江森 備  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。