2006年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.07.19 (Wed)

ミイラ取りがミイラになる話

1週間ほど前のこと。
ちょっとした弾みで、ついうっかり、書棚の大整理を始めた。
(↑ただの書棚の整理は、2、3ヶ月に1度くらい衝動的にやっている。)
より分けた処分本はダンボール3箱分くらい。

おー、スカスカ。
これで、また気持ちよく本が買える♪

ふとその時、
ちょっとした弾みで、
ついうっかり、
何気なく手にした本が、

『鷲は舞い降りた』

おおっ、懐かしや、ジャック・ヒギンズ氏。
史実とフィクションが絶妙なバランスで構築された作品は、
"戦争冒険小説の最高傑作"のキャッチコピーもダテじゃない。
今、読んでも充分すぎるくらい面白いではないか!
名作とはこういう作品をいうのだな。

で、<鷲が降りた>んだから次は、『鷲は飛び立った』に突入(笑)。
それも昨夜、読み終わってしまった。
(レビューは今度)

うーむ、次はどこに行こう。
アイルランドにでも行ってみようかな。


というわけで、どうやらしばらく、
ジャック・ヒギンズ週間(月間?)となりそうな予感。


ふと目の端に映るは、重くて持ち上がらなくなっちゃったダンボール箱。
充分に吟味し、検討したつもりだけど、
もしかして、このダンボール箱の中にも、何年かしたら再読したくなる本があるかも…。
嗚呼…これだから本を処分するって難しい
さあ、このダンボール箱の運命はいかに?
スポンサーサイト
14:55  |  本の徒然  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.07.14 (Fri)

えーい、まとめてペンダーガスト君だ!

本館の方が全然更新できないので、一時は閉鎖も考えたりしたのですが、
もう少し続けてみようかと思います。
でも、もうしばらくはカメの歩みのごとく…
いえ、それ以上に鈍くなるかもしれませんが、
よろしくおつき合いいただければ幸いでござりまする(ぺこり)。

というわけで、本館の【快楽読書倶楽部】に、
「レリック」D・プレストン&L・チャイルド
「地底大戦-レリック2」D・プレストン&L・チャイルド
「マウント・ドラゴン」D・プレストン&L・チャイルド
「神殺しの丘」日向真幸来
をUPしました。

このうち『レリック『地底大戦-レリック2』は、ペンダーガスト・シリーズ
ええ、おバカですともっ…ほっといてん。
ブログには覚書として更新済みです。
ブログ内リンク→『レリック』『地底大戦-レリック2』

『マウント・ドラゴン』
SFやミステリーの枠に収まらないエンターテイメント小説ということだが、さらにサバイバルや宝探し的要素もぶち込んだ欲張りな作品。
解説で西夜朗氏が「ハリウッド小説」という言葉を使って、
徹底したサービス精神にあふれる作品であると述べているが、
まさにそのとおり。
これでもか、これでもかと、色々な要素が繰り広げられていく。
ペンダーガスト様がいないのが悲しい…。←シリーズじゃないしっ。

『神殺しの丘』日向真幸来
ローマ帝国がキリスト教を国教とした時代を舞台としたファンタジー。
古代ローマ時代のブリテンという、とても珍しい題材を使い、
人間と神の関係をファンタスティックに描いた野心作。


*ここの本の感想は一口メモ程度。
詳しい書評は【快楽読書倶楽部】へどうぞ。

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

01:57  |  本の徒然  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。