2007年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.10.29 (Mon)

『名前のない色』榎田尤利

切なくて愛しくて抱き締めたくて、優しい気持ちになります。


名前のない色 / 榎田 尤利

水窪あきらには、作品の好評さとは裏腹に、いい噂がない。
それでも、以前から彼の画風に心惹かれていた、
編集者の藤野渉は挿絵を依頼するが…。(「BOOK」データベースより)

このところ榎田さんにはやられっぱなしだぁ。
スポンサーサイト
18:46  |  BL小説  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.10.29 (Mon)

『名前のない色』榎田尤利

切なくて愛しくて抱き締めたくて、優しい気持ちになります。


名前のない色 / 榎田 尤利

水窪あきらには、作品の好評さとは裏腹に、いい噂がない。
それでも、以前から彼の画風に心惹かれていた、
編集者の藤野渉は挿絵を依頼するが…。(「BOOK」データベースより)

このところ榎田さんにはやられっぱなしだぁ。

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

18:46  |  榎田尤利  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.10.19 (Fri)

木原音瀬さんの世界

かなりの冊数のBoy's Love小説を刊行している木原音瀬さんだが、
シリアスで心が痛い雰囲気の作品がほとんど。
木原さん独得の視点で描かれる作品世界は、
いい意味でBL小説というジャンルから逸脱している。
特に「箱の中」は雑誌『ダ・ヴィンチ』(06/09月号)で三浦シモン氏が、
このBLに芥川賞を――と絶賛している。

BL小説は有り体に言えば、現実にはありえないファンタジーである。
しかしデティールを積み重ねていくことで、リアリティを持たせ、作品世界に厚味を増していく。
誰かを求める心と、人を愛しく思うことの似て非なるエゴイズムや、
その狭間にある危うさを描かせたら絶品である。


「眠る兎」
「情熱の温度」
23:05  |  BL小説  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.10.19 (Fri)

木原音瀬さんの世界

かなりの冊数のBoy's Love小説を刊行している木原音瀬さんだが、
シリアスで心が痛い雰囲気の作品がほとんど。
木原さん独得の視点で描かれる作品世界は、
いい意味でBL小説というジャンルから逸脱している。
特に「箱の中」は雑誌『ダ・ヴィンチ』(06/09月号)で三浦シモン氏が、
このBLに芥川賞を――と絶賛している。

BL小説は有り体に言えば、現実にはありえないファンタジーである。
しかしデティールを積み重ねていくことで、リアリティを持たせ、作品世界に厚味を増していく。
誰かを求める心と、人を愛しく思うことの似て非なるエゴイズムや、
その狭間にある危うさを描かせたら絶品である。


「眠る兎」
「情熱の温度」

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

23:05  |  木原音瀬  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.10.17 (Wed)

YAOI神まだまだ活動中

ここ3ヶ月ほどBL本にどっぷりつかっています。
この分野にこんなに集中したのは何年ぶりかしら。
そして、現在進行形なところがコワイ…

ちょっと離れていたもんだから、読みたい本が現れることネズミ叩き状態。
凝り性なものだから、絶版になっている作品も追いかけています。
こーゆーとき、Yahoo!オークションは助かるのだけど、
楽天フリマがなくなってしまったのがイタイなあ。
(個人的にはフリマの方が使いやすかったので)

ということで、あれから(汗)読んだ本。
小説
榎田尤利
「眠る探偵シリーズ(4巻)」
「魚住くんシリーズ(5巻)」
「漫画家シリーズ(4巻)」
「無作法な紳士」
「交渉人は黙らない」
英田サキ
「Deadlockシリーズ(3巻)」
木原音瀬
「眠る兎」
「POLLINATION」
「箱の中」
「情熱の温度」
「無罪世界」
秋月こお
「王朝ロマンセシリーズ」

コミックス鈴木ツタ
「この世異聞(1,2)」
石田育絵
「Blue,Deep Deep Blue」
「スゥイート・ブルー・ソナタ」
「はなさいた(1,2)」
「新橋烏森口午後七時」

あー読んだ読んだ(笑)。
ほとんど二度ずつ読んでいるので、あな怖ろしきは頭の中のタダレ具合。
さすがにYAOI熱も少し落ち着いてきた(ような気がする)ので、
溜まりに溜まった感想も少しずつ書こうと思っています。
一つは自分のための備忘録としてなんだけど。
↑1度に読みすぎて頭の中がぐちゃぐちゃなので。

でも恐ろしいことに、まだ本が届くんだ…当分続きそ。
18:52  |  本の徒然  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。