2008年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.08.29 (Fri)

「今、風が梢を渡る時(前・後編)」 かわい有美子

旧制高校に学ぶ学生たちの背景となっている時代を反映した、自由ではあるが節度ある野放図が、
なんともよい雰囲気。

4094212345  「今、風が梢を渡る時〈前編〉」 (パレット文庫)
  かわい 有美子
  小学館 2002-08



前・2002年09月/後・2002年11月 パレット文庫 小学館
内容(「BOOK」データベースより)
前編→大正時代。寒村の小作農の四男・沢良木犀は、京都帝国大学の予科・第三高等学校に
入学した。医者になる事を条件に村長の養子となった犀は、義母・義兄に辛くあたられたことや、
その美貌が影響して、学生生活の中で人とうまく付き合うことができなかった。
しかし、ある事件をきっかけに寮の同室となった鴇浦の、おだやかで誠実な人柄に犀は次第に
心を開いていく。

後編→京都帝国大学の予科・第三高等学校に入学した沢良木犀の一学期は、同性愛や嫉妬、
羨望のために散々なものとなった。夏期休暇で帰省した彼を一番に案じたのが、寄宿舎で同室の
鴇浦智巳だ。彼は、はるばる沢良木の養家に赴き大歓迎を受け、沢良木の元気そうな姿に安堵
する。そして二学期。嫌がらせは減ったが、沢良木は学業の方で焦り出した。また、二年生・柚木の、
自分への想いが本物だと知る。一方、鴇浦は偶然にも、沢良木を階段の上から突き落とした犯人を
知り激昂する!!鴇浦を無条件で信頼する沢良木、沢良木への恋情を持て余す鴇浦。二人の想いは
果たして実を結ぶのか。

スポンサーサイト

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

00:18  |  かわい有美子  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.08.28 (Thu)

「東方美人 オリエンタル・ビューティー」 かわい有美子

「あなたが自分を大切だと思うなら…、サエキには深入りしないことね。」


KGB、ノーブルの香り漂う美貌のスパイ、そして、旧体制時代のドイツ――その手の小説好きには
たまらない設定が、近頃のBLの中では新鮮。

4883029824 東方美人 オリエンタル・ビューティー (ショコラノベルス)
 小笠原 宇紀
 心交社
 2004-03-10



198×年。
KGBの若き情報員“ヴァレンタイン”ことアレクセイ・ヴァシーリヴィチ・レスコフは西ベルリンへの検所を英国人のパスポートで通過した。アレクセイの最初の任務は同じくコードネーム《伯爵》という男に会うことだ。そして出会った《伯爵》ことエーリク・サエキは驚くほど鋭利で美しい男だった。アレクセイは西ベルリンでこのサエキと共に任務を果たさなければならなかったが、アレクセイには彼に言えない極秘任務があった…。旧体制時代のドイツを舞台にストイックかつ情熱的な想いが溢れるドラマティック・ロマンス。


ご無沙汰気味だったBLコーナーの、華やかな(気恥ずかしい)イラストが並ぶ中で、
久しぶりに目を引いたのが、本書の軍服の表紙だった(笑)。
ストーリー前半の、主人公・アレクセイのソ連での生活や情報部員としての任務などが積み重ね
られ、厚味を持ていくあたりは、あたかも重苦しく垂れ込めてゆく空模様のようだ。
いつもながら、かわい有美子さんの文章表現には、事象を重ねていく淡々とした味わいの中に
ひょいと現れる生々しさという、独特の二面性を感じてドキッとさせられる。その表現の落差が、
扇情的になりすぎる手前で抑えているにも拘らず、密やかにエロティックを醸している。この雰囲
気がいい。

クールでストイックなサエキ。
家族の愛情を注がれて育ち、情報部員らしからぬ心根のよいアレクセイ。
この好対照なキャラクターが、やがて情報と策略渦巻く世界でソビエト連邦の体制崩壊に向けて
どう動いていくのか――。物語としては序章といったところ。
情報部員(スパイ)の仕事の実態なども絡めて、これはぜひとも続編を希望したい。
(2004.4.19 記)

【補足】
続編として「東方美人2 千年王国」(ショコラノベルス)2005.11発行
さらに続編希望なんですけど!!


*この記事は website【CAFE唯我独尊】から移行しました。

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

23:32  |  かわい有美子  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.08.26 (Tue)

「椎崎夕」週間

この3、4日、いきなり涼しいけど――騙されちゃあかんっ、と自分に言聞かせていますが、
この夏はBLにどっぷり浸かりきって、ますます脳内が爛れた猛暑の日々でした。

で、唐突に「椎崎夕」週間です。
きっかけが思い出せないのですが(アマゾンさんのお薦めメールとか?)、
ただ今、何気に椎崎夕さんブームで、この1週間ほどで、7冊ほど読み倒しました。

「きみの背中を見ている」
「年下の男」
「水底の月」
「非保護者」
「優しい檻」
「弟の親友」
「好きと言えない」
(…一応、読んだ順。こーゆーとき大人買いできるお年頃の自分が嬉しいわ)


椎崎さんの小説タイトルはそのままずばりなので、分かりやすいのだけど、
反面、それ以上の興味を惹きにくくて、なんだか触手が動かなかったのです。
タイトルだけで想像できるので、内容を把握した気になっていたんですね。

でも、そんな自分の、バカバカバカッ…って気分。
「きみの背中を見ている」から、いっきにのめり込みました!
内容は確かにタイトル通りなんだけど、
事象を積み重ねることで、とても丁寧に物語を構築しているので、
気持ちよくストーリーに浸れました。

さて、この中から何冊が感想を書けるのでしょうか。←って、人ごとかい


椎崎夕/Amazon.co.jp



テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

16:31  |  椎崎夕  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2008.08.25 (Mon)

「間の楔」 吉原理恵子

――完全に堕ちた。


間の楔(あいのくさび)  『小説JUNE』1986年NO22~27号連載/1990年 光風社出版/
2001年 クリスタル文庫から再版。

今さら説明することもないと思うのだけど、言わずと知れた(一部では伝説ともいわれている
が)JUNEの大作。SFとJUNEを結びつけた画期的な作品でもあった。


4415088236 間の楔〈1〉帰って来た男 (クリスタル文庫)
 吉原 理恵子
 光風社出版 2001-10


【内容】
中枢的人工知能 ユピテルが創り上げた人間が支配する近未来都市タナグラ。その歓楽都
市ミダスの第9エリア ケレスは、かつてユピテルに反旗を翻したものの、圧制された地区だ
った。住民は市民権を剥奪され、スラム化して最下層に喘いでいる。
そのケレスに、リキは居た。不良グループのヘッドである彼にはカリスマ的魅力があり、気性
の強さ、決断力、それでいて彼の容姿は男たちをもそそる色香をそなえていた。
人間はペットとして交配され育成され、性の奴隷として売買の対象とされるタナグラに
あって、生命の誕生も性別も中央に統制されている。そのため、めったに女の姿のないケレ
スでは、男は男の性の対象でもあったのだ。

一方、ユピテルの創生した人間の中でも支配階級にあり、ブロンディと称されるイアソン・ミン
クという男がいた。
ユピテルにあってイアソンは、完璧な知能と怜悧な美貌を持つ誉れ高き人工体であった。
偶然の接触からイアソンはリキを愛玩物として飼いはじめる。
支配を拒否しながらも快楽におぼれるリキ。
ブロンディであるイアソンがスラムの雑種をペットにしたのは、ほんの一興であったはずだった。
だが、イアソンはやがてリキを愛するようになる。
エリート人工体が持ち得ない感情――下等な感情として蔑むべき情愛を持ってしまったイア
ソンは、決して心を許さないリキに対し、いっそう執着心を深めてゆく。

そんな中、リキの仲間であり、かつては恋人でもあったガイは、リキをを取り戻すために、イア
ソン=絶対権力に立ち向かっていく。そして運命は、大きく変わってゆく――。


ai no kusabi こちらは単行本初版の表紙。
 ドキドキしながら触れた禁断の世界が懐かしく思い出されます(笑)。










テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

23:26  |  吉原理恵子  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2008.08.24 (Sun)

「そして、裏切りの夜が始まる」いとう由貴

詰めは甘いけど、BLにはめずらしいノアール小説。
ブラックなハッピーエンドなので、好みは分かれると思う。私は嫌いではないけど。

千坂翔はたったひとりの家族である弟・俊樹を病院に見舞った帰りに、あるニュースを耳にする。資産家として知られる幣原家のひとり息子が、交通事故で亡くなったというものだ。
幣原家の当主は俊樹の実の父親だ。自分と俊樹はよく似ている・・・
弟を守るためにはこの方法しかない。そう思った翔は俊樹のふりをして幣原家を訪ねるのだが、そこで運命を狂わせる男と出会い!?


「弟の治療費のために」俊樹に成りすまして幣原家に入り込んだ翔。
上手く入り込んだつもりだった翔の企みに、気付いていたのが叔父の信威。
「真実をばらされたくなかったら」というあたりは、お約束な展開なのだが、
実は信威の真意はもっと深い。
その目的のために翔を利用するという流れは、学生時代にはまった「悪女書き」の
カトリーヌ・アルレーを思い出した。もちろん本作の場合は「悪い男書き」だけど(笑)。

幣原家の当主、康成の死によって、「一人息子」の翔は莫大な財産を相続することになる。
そんな大きな欲などなかったはずなのに、翔は引き返せないところまで追い詰められてしまう。

愛人の子として育った信威は、「幣原家の全てを奪う」ことを目標に生きてきた。
康成の死によって、信威は、相続人となった翔の後見人として、
幣原家の全てを取り仕切っていくという形で、図らずもその目的が達成されることになる。

すべてを手に入れたとはいえ、大きな「嘘」の上に、
二人はこれからの生活(未来)を築いていかなければならない。
二人の行く先はなにも暗示されていないが、
健気に頑張る翔が幸せであるようにと祈ってしまうラストだ。
信威の得体の知れない恐ろしさが、この小説をキリリと引き締めている。


4813011721 そして、裏切りの夜が始まる (SHY NOVELS 204)
 佐々木 久美子
 大洋図書 2008-04-26




それにしても、読了したのは一ヵ月半くらい前。
読むのは早いから、そんな本が山ほど溜まっているのよ。
遅筆な自分がカナシイわ…

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

00:49  |  いとう由貴  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.08.12 (Tue)

「溺れる体温」 菱沢九月

冒頭、いきなりHシーンから始まる。――というか、本書カバーの説明がすでにエロくさいのだが、
内容は意外なほど硬派で読みごたえがある。

4894861976 「溺れる体温」 (ラキア・スーパーエクストラ・ノベルズ)
 菱沢 九月
 ハイランド 2002-06

by G-Tools


七飯は蜜にまみれて喘ぐ。言えない言葉を掬ってくれる、年下の恋人の
恐ろしく熱い脈動がはしたないほど欲しいのだ。こんなにも―。
七飯章吾は、兄の死で彼の悔恨を知り、その遺志を継ぐ。だが新聞記者の現実に擦り切れ
そうになった時、リョウに逢った。逢えたのだと思う。端整で無邪気で無防備な子供。一途に
ふれてくる唇。リョウに支えられ、七飯は真実の扉を見つけるが。


ストーリーは七飯(ななえ)が新聞記者として事件を追いかける様と平行して、兄が追っていた事件の真相解明と、さらにリョウと七飯の恋愛も同時に展開していく。

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

01:16  |  菱沢九月  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。