FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2007.11.23 (Fri)

「テイク・ラブ」(新装版) 野村史子

JUNE小説史上最高傑作といわれる『テイク・ラブ』が出版社を変えて復刻されました。
書店で見たときには思わず目を疑ってしまったけど、なんとも懐かしく、
著者の野村史子さんの作品には思い入れがあった分、
胸にじんわり染み入るものがありました……本屋でうるうる
しそうになったじゃないかー、ってくらい(恥)。

テイク・ラブ (KAREN文庫 Mシリーズ)テイク・ラブ (KAREN文庫 Mシリーズ)
(2007/10)
野村 史子

商品詳細を見る

エクアドルから15年ぶりに帰ってき来た日本。山崎には、その15年間、1日たりとも忘れることのできなかった恋人がいた。その恋人のおもかげを追って、山崎は重く苦しい過去の中へと入っていく…そこで、山崎がふたたび目にしたものは何だったのか。夢と現実のはざまで動く、脆く、儚い男たちの仮面舞踏会。表題作の他「アウト・オブ・フォーカス」「薔薇はもうこない」を含む、愛の短篇集第2弾。


うーむ……「仮面舞踏会」
1991年初版という時代を感じさせるこの耽美な紹介文は、再考してもよかったんじゃないだろうか。

   
  こちらは私が持っている角川スニーカー版で、
  挿絵は麻々原絵里依さん。
  思えば当時、ルビー文庫はまだ発刊されていなかったのだよ。







でも復刻するなら『レザナンス・コネクション』(愛の短篇集第1弾になるのかな)から
再版したほうがよかったんじゃないかしら。
本書の表題となっている「ティク・ラブ」はとても優れた作品ではあるのだけど、
背景となっている学生運動やそれに付随する事柄が
新しい読者さんには理解しにくいという声もあるようです。
私も学生運動自体を知る世代ではないのだけど、
まだなんとなく話題になったり聞きかじったりしていたので、
背景が分からないという意見にはちょっとびっくり。時代なのねぇ
私はこの表題作の「ティク・ラブ」と「アウト・オブ・フォーカス」も好きだけど、
もう一冊の『レザナンス・コネクション』の方がもっと好き。
そして今の時代を考えると、こちらの方が分かりやすいかもしれません……痛いけど。

実は私がHPを作るきっかけとなったのが、野村史子さんの作品を紹介したかったからで、
私にとってのBLベスト10に入る作家さんです。
なので、レビューにもリキ入っております。ぜひ覗いてみて下さいな(笑)。

それにしても、野村史子さん……よく再版をOKなさったなあ。
恋する乙女のごとく、今でも愛しく思える作品に出会えたことを感謝します。


関連記事
「テイク・ラブ」(新装版)
「テイク・ラブ」
「レザナンス・コネクション-共鳴関係-」
「グッバイ・ミスティ・ラブ」
【作者紹介】

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

23:04  |  野村史子  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://meimu2.blog70.fc2.com/tb.php/207-77f99acd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |