FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2008.06.09 (Mon)

「南嵐」 松野たば子

「ビタースイーツでよりDARKな新選択危険領域・拡大中」というキャッチフレーズの
花丸文庫BLACKという新レーベルからの、デビュー作だそうです。
このレーベルの趣旨が今一つ分からないのだけど、同時刊行された作品をみると、
やや大人向けって感じなのでしょうか。
ただし本作は、BLではない。どちらかというと、ゲイ・ノベル…かな?

引ったくりの現行犯を追っていた刑事・西村は、四之崎組を牛耳る南条に拉致された。
因縁の相手の手に堕ちた西村を苛酷な責めが襲う…暴力と恐怖が支配するアンダーグラウンド・ハードボイルド!!


ハードボイルドだからという訳でもないのだろうけど、
殴られたりレイプされたりと、ハードなシーンが続きます。
時おり挿入される軽妙な掛け合いが、ハードなストーリーを重苦しさから救ってます。
けっして甘い雰囲気になるとこもないので、好みは分かれると思うのだけど、私は楽しめました。
ただし、ボーイズラブという意識は捨てるべし

minami arashi
南嵐 (花丸文庫BLACK マ 1-1)
この商品の詳細を見る



【More・・・】

                  

西村と南条とは過去に因縁があるらしいのだけど、それが友情なのか、愛情なのか。
ストーリーの中にポーンと投げ出されただけで、答えは出ていない。
それでも敵対する立場にあり、互いに反発しながらも認め合っているような、妙に熱っぽい空気がある。

とはいえ、BLなんだから、まあそのうち二人がくっつくんだろうと、高をくくっていたのだ。
何がしかの絆があってしかるべし、だろうと。
終盤も押し迫って、ようやく西村の過去や南条との接点が仄めかされる。
だが、この本のなかで二人の関係の着地点は見えないままだ。
これは読者として気持ち悪いので、ぜひ続巻を期待したい。


今回のヒットは、「…やっぱり食っときゃよかった」の台詞。
もちろん、食われそこねたのは西村くん。逃したサカナはでかかった、かも。
個人的には、南条がなかなかの屈折ぶりで、ツボ。
そう、私はヘンなヤツが好きなんである。

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

00:14  |  松野たば子  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://meimu2.blog70.fc2.com/tb.php/221-6be31ea8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |