FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2008.06.24 (Tue)

「真昼の月」いおかいつき

ヤクザ攻めの定番といえる作品なんだけど、なぜか乙女は極道にロマンを感じてしまうのよねえ

同僚に撃たれ警察を辞めた元刑事の神埼秀一は生きる張りを失っていた。
そんな時、祖父から相続した大阪ミナミの雑居ビルで、密輸拳銃横取り事件に巻き込まれ、
横取り犯を追うヤクザの若頭・辰巳に気に入られてしまう…。



このシリーズの面白みは、まずキャラクターの魅力。
ヤクザ組織の若頭・辰巳は色気のある男前で豪胆、その存在感ゆえ組員から命を預けられるほど
心酔されたりしているのに、本人は弾除けになるとばかり、あっさりしている。
そんな辰巳が唯一執着するのが、ひと目惚れした別嬪さんの元刑事・秀一だった。
速攻で秀一を力づくでモノするあたりはヤクザ物の王道らしい展開なのだけど、
この秀一がただ者ではない。
いきなり手錠をかけられ下着を下ろされても「刑事時代には考えられないほど油断してたなあ」と
まるで他人事。レイプされても動じない。
この秀一の醒めっぷりや、開き直って現状を受けいれる柔軟さが、いっそ爽快なのだ。
自分に執着する辰巳を平気で馬鹿者扱いするし、辰巳の情人(いろ)になってもタダでは起きない。
辰巳の力をさり気なく利用する。
「人生投げやり」にも程があるだろうと思うけど、ヤクザ並みの度胸と行動力がある
肝の据わった男だから面白い。

無論、辰巳も秀一に鼻面を掴まれて引っ張りまわされているようで、上手く秀一を動かし、
利用しているわけだ。
辰巳と互角の関係であろうとする秀一に、それなりに敬意をはらっているらしい(惚れた弱味ってヤツね)。

あとは身辺で勃発する事件がスパイスに、二人の微妙な心の移ろいを軽快に描いていく。
魅力的な脇役たちや、大阪人らしい軽妙な会話も楽しい。


真昼の月 上 (1) (リンクスロマンス)真昼の月 上 (1) (リンクスロマンス)
(2008/03)
いおか いつき

商品詳細を見る




・・こちらもお薦め!・・
『黒羽と鵙目』 花郎藤子
今でこそボーイズ・ラブで極道物(ヤクザ物、マフィア)が一つのジャンルとして幅を利かせているけど、
その先がけとなった作品です。
受の「特技・男殺し」なところが秀一と一緒(笑)。

【More・・・】

ちなみに、絡みはあっさり。
いや、ヤることはずっこりヤッてるけど、表現が生々しくないからそう感じるだけなんだけど。

でも、ストイックな男が乱れるのは萌えますな…←オヤジかワレ


尚、このシリーズは商業誌未発表作品が同人誌になっています。
そちらも読み応えあり。
機会がありましたら、ぜひ!

【ノックアウト王様】いおかいつきさん公式ウェブサイト

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

10:41  |  いおかいつき  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://meimu2.blog70.fc2.com/tb.php/224-efe42a23

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |