FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2006.06.07 (Wed)

「アベラシオン」篠田真由美

イタリア美術についての薀蓄が圧巻。

shinoda.jpg アベラシオン(上・下) (講談社ノベルス)


冬のヴェネツィア、華やかなパーティのさなかに起きた奇妙な殺人事件。
偶然目撃者となってしまった日本人留学生藍川芹は、やがて事件の関係者からの招待状を
受け取る。北イタリア山中の巌上にそびえる<聖天使宮(パラッツォ・サンタンジェロ)>。
未公開の美術品に満たされた巨大な正五角形の宮殿を所有するのは、
謎めいた伝説に包まれた美しい一族の末裔だった。
心ならずもそこに滞在することとなった芹の前に、勃発する凄惨な連続殺人。一族の過去に
揺曳するナチズムの影。車椅子の少年に導かれて、絢爛たる地獄を巡る女主人公が
最後に見たものは――。



よくも悪くも篠田真由美って感じかな。←なんのこっちゃ。


【篠田真由美作品書評ページへ】

テーマ : 推理小説・ミステリー - ジャンル : 本・雑誌

23:54  |  その他の作家(国内一般)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://meimu2.blog70.fc2.com/tb.php/377-da262752

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |