FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2003.10.21 (Tue)

「私説三国志 天の華・地の風 二」 江森 備

人間は、こんなにも簡単に、相手を切り捨ててしまえるものなのか?



孫権の妹・尚香が劉備に輿入れした。臥竜・孔明と並び称される鳳雛のホウ[广<龍]統が、
孔明の推薦で劉備に仕えることとなる。だが劉備は会ったばかりのホウ統に心酔し、
孔明と同格の軍師中郎将に任命しようとする。
軍師中郎将の座は「赤壁の戦い」という試練を経て孔明がようやく掴んだものだ。
当然ながら、孔明の胸の内は穏やかではない。
冷然たる様子の内実では嫉妬も妬みも渦巻いていた。
その人事は、劉備の周囲の武将たちをも二派に分けてしまう。
さらに、兄弟弟子であった孔明と比較され続け、鬱屈したものを抱えるホウ統は独自の動きを見せ、
孔明をさらに苦悩させる。
そして孔明が尚香の勧めで、呉にいる兄・諸葛瑾から養子をもらうために都を留守にしている間に、
尚香は劉備の嫡子・阿斗を連れて、実家への逃亡を図り、孔明はますます苦境に立たされる。
その苦境を救うために、女細作(しのび)フェイメイはある行動にでる決意をするのだが――。

孔明は敬愛する劉備の裏切りにも匹敵する行為に傷つき、己が選択したものに疑問を抱く。
2度とまみえることのない周瑜を狂おしいほど思慕する孔明の寂寥が哀れだ。
だが、この巻で一番切ないのはフェイメイの恋心であるかもしれない。
日和見で移り気な劉備の背中にケリを入れたくなった巻でもある(笑)。(2003/10/21記)



私説三国志 天の華・地の風 2巻 (fukkan.com)   私説三国志 天の華・地の風 2巻 (fukkan.com)
  (2007/6/29)
  江森備(えもり そなえ)

  





 

【関連ページ】
 私説三国志 天の華・地の風 (シリーズ書評)

*この記事は website【CAFE唯我独尊】から移行したものです。


テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

23:13  |  江森 備  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://meimu2.blog70.fc2.com/tb.php/399-d855b19b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |