FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2004.01.09 (Fri)

私説三国志 天の華・地の風 八

この人は、鎖に繋がれている。



孔明が病に倒れた。その報せを得て、魏は漢中に総攻撃をかけることを決定する。
漢中南山下原で養生していた孔明の元に知らせがはいる。気力で孔明は本復するが、
自分の留守をあずけたはずの李厳の不誠実のために「博打以下」の戦を強いられることになる。
魏の進軍開始に際し、敵が迫り手に余る事態になった時を備えて、孔明は高翔、李恢、王平、姜維の
4人に錦袋入りの命令書を渡す。
さらに、孔明が主要の糧秣輸送路として使っていた米倉道が賊の襲撃を受けたり、雨で寸断される
などアクシデントが続き、ついに糧秣不足となりつつあった。

たが、李厳の配下である苟安の運ぶ米に限って、常に5日以上遅延し、量も半ば以上失っていた。
苟安の不実を見抜いた孔明は、大雨のせいだと言い逃れようとする苟安を厳しく詮議、処罰する。
ほうほうの態で李厳の元に逃げ帰るかと思われた苟安は、だが、魏の司馬懿の元へと走ってしまう。
しかし降り続く大雨のために戦況は膠着、両軍とも撤退を余儀なくされる。
一方、都では孔明謀反の噂が何者かによって撒き散らされ、孔明は入朝を命ぜられる。

劉禅の権力を後ろ盾にした政敵・李厳との陰湿な確執、水面下の攻防など、
丁寧な描写が重厚で面白い。
戦場での仲達との邂逅が印象的――男としては面白みはないと思うのだけど、
仲達は敵としてあっぱれ!



*この記事は website【CAFE唯我独尊】から移行しました。


テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

11:55  |  江森 備  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://meimu2.blog70.fc2.com/tb.php/418-846d459e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |