FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2002.03.02 (Sat)

「瞳に星降る」神崎春子

……あなたが心を傾けて……造りあげた僕は、男娼の真似ごとをしている……



kanzaki.jpg  瞳に星降る
  神崎 春子
  勁文社 1991-11
476691502X
 






内容
「洒落のひとつで、狼少年を優雅な牧羊犬に変えてみたい」――総合商社の若き総師、北条嘉明が、17歳の桐乃優を引き取ったのは、そんな気まぐれだった。
優は、身元引受人である佐伯の勧めに従い、エグゼクティブを絵に描いたような世界で、必要な教養を学んでいく。

嘉明には別居中の妻、雅子がいる。その雅子の行動がストーリーのキーポイントとなる。
雅子に関わったことで優は、嘉明の怒りを買い、暴力的に犯される。
衝撃のあまり屋敷を飛び出した優は、密かに想いを寄せる佐伯が不治の病であることを知らされる。佐伯の治療費と引き換えに、嘉明が提示した条件は奴隷になることだった。
優はすべての条件を呑み、かつ忠実に実行していく。

一ヵ月後、佐伯を見送った優は、自身の中の微妙な変化に戸惑いつつあった。
「心はいらない」という嘉明の言葉が、それを決定的に気づかせる。
やがて心を開き、愛し合うふたり。
だが、雅子の奸計により、歯車は大きく狂い始める。



【More・・・】

感想
その本を買おうかと迷ったとき、表紙のイラストや、キャッチ・コピーが決めてになることがあります。
まだこの道に純情だった私が(笑)、ハードなSEX描写を得意とされる神崎春子氏の作品購入の決め手となったのは、大ファンである小林智美さんの流麗な表紙のイラストと、「傷に触れて……唇で触れて」という帯のセクシーなコピーでした。

「べイ・シティ・ブルース」「華王伝説」のような、過激で危険なエロティックに比べると、扇情的な描写はあるものの、この作品は内省的なラブストーリーという感じでしょうか。

一家心中を企てた父によって優の胸に刻まれた傷は、癒しきれない心の傷でもあり、彼が佐伯に求める愛は父性でもあります。優自身は意識せぬままに見守られている心地よさに浸り、安心感を得たのでしょう。

支配と被支配の関係から、次第に優が残酷な専制君主である嘉明を恋するようになり、ようやく父性ではない愛に寝覚めていきます。このあたりは耽美小説のパターンのひとつなのですが、ゆったりと物語をうねらせ、官能の香りを振りかけてもてなしてくれます。

嘉明が自分の好みに合わせて優を造りあげていく過程では、作中で嘉明の示唆する「マイ・フェア・レディ」より、谷崎潤一郎の「痴人の愛」を連想しますが、破滅ではなく、破錠する愛の果てに救いが残されているラストにほっとします。
女性向けの作品ということで、もちろんずっとスタイリッシュでおしゃれな舞台が用意されており、フランス映画のような、美しくほろ苦いラストシーンが印象的です。

ところで、かねてよりの疑問。神崎氏に限らず、もちろんこの作品を特定しているのではないのですが、「体が先か、心が先か」とか「心は体に引きずられるのか」とか考えちゃうのは、私だけかなあ。ちょっと青臭くて照れ臭いのだけど……結構長いこと、心の片隅に引っかかっているんです。


*この記事は website【CAFE唯我独尊】から移行しました。

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

23:04  |  神崎春子  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://meimu2.blog70.fc2.com/tb.php/443-cd0a2f57

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |