2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.27 (Mon)

「明日も愛してる」安芸まくら

「…おやすみ、櫂。また明日な…」


読了したのは去年のことなのだけど、皮膚の表面がざわつくような、
読後感がなんだか定まらなくて保留していた作品。
今回じっくり再読して、あらためて泣けました。

4883863549明日も愛してる (Holly NOVELS)
深井 結己
蒼竜社 2008-08-04

by G-Tools


朝、櫂は知らない部屋のベッドで目が覚めた。ついさっき、眠りにつくまで櫂は十八歳だった。しかし窓に映る自分の姿は、どう見ても高校生には見えないほどくたびれていた。「現在のおまえの年齢は35歳」…枕元に置かれたファイルにはそう書かれていた。戸惑う櫂の前に現れたのは、ツダと名乗る見知らぬ男だった。男に自分の「ハウスキーパー」だと告げられた櫂は驚くが…。―永遠に繰り返されるせつなく甘い愛の物語。


記憶から消されてしまうことは、存在の喪失だという。
恋人であったことさえ忘れられ、日に何度も存在をリセットされ続けているということは、
その度に自身の存在を否定され、あるいは小さな死を与えられるようなものだ。
それでも津田は櫂の側に居続けている。
少しずつ記憶を保つ時間が短くなっていく櫂を、津田はどんな思いで見つめたのか。

恋人に対して津田は日に何十回も自己紹介をしなければならない。
そんな日々を、彼は何年も続けてきたのだ。
永遠に足元が定まらないもどかしさに苦悩する櫂を支えながら、
どれほどの苦しみに津田は突き落とされ続けたのだろう。
恋人同士としての甘やかな記憶も、共に過ごしたであろう共通の時間や体験もなくし、
日々忘却されるだけの残酷。

しかし、これは優しいラブストーリーでもある。
毎日、何度でも二人は恋におちる。
消えゆく記憶の深奥には、確かに恋する心がもどかしくも垣間見える。
付き合って九年、と津田は言った。事故がおきたのが五年前だから、
既に事故った後の櫂との付き合いのほうが長いことになる。
事象は積み重ねられていくが、ストーリーが櫂の視点で進行するため、
真実は最後まではっきりと明かされない。だが、描かれぬゆえにしっとりと心に余韻が落ちる。

ラスト近く、櫂が自分の記憶の部屋を探索し、一瞬だけ事故前の自分に戻り、
ほんの僅かの時間、津田と会話するシーンがなんとも切なくて印象的。

実は「記憶を保てない男」のストーリーということで、
『博士の愛した数式』を連想して身構えていたのだが、
恋愛小説としてはよくまとまっているのではないだろうか。

最後の津田の言葉、
「…おやすみ、櫂。また明日な…」
いきなり泣けてしまった…。
残酷で優しいラブストーリーだ。





テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

19:12  |  安芸まくら  |  TB(2)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

すみかさん、こんばんは!

この作品、私も読む前からネタ的に(レーベル的にも…)身構えていて、案の定読み進めるのはパワーが必要でした。
でも、最後には不思議と納得させられていました。
こんな愛の形もありかなと。
真似は出来ませんが…。

読んだのは少し前ですが、すみかさんのレビューを読んで読んだときの感慨が蘇りました。
そして、また今読んだらまた違う一面が見られる気がします。
噛めば噛むほど味が出ますね(笑)

TBうまくいくか不安ですが、飛ばさせていただきますね。
それではまた~(^^)
にゃんこ |  2009年05月01日(金) 01:14 |  URL |  【コメント編集】

すみかさん、こんにちは。

このお話は本当に、シンドイ話だったなあという印象が強かったので、すみかさんがこの感想でくりかえされた、「優しいラブストーリー」とう言葉に目からうろこが落ちる思いです。

>「…おやすみ、櫂。また明日な…」

確かに、とても印象的な言葉です。
私は、自分の記事に書いたとおりに津田の愛情の深さ、忍耐の強さに感服する思いではいたのだけれど、どこか、その津田の気持ちを思いやってはいなかったのだな、と思いました。
すみかさんみたいに、津田の苦しみをただ純粋に、受け止めて、津田の恋心を真摯に受け止めていれば、「優しいラブストーリー」という見方もちゃんとできたのにな、と。
人によって見方はもちろんそれぞれだし、何が正解とかってきっとないんでしょうけど、優しさを懐疑的に見る癖がついてしまったのが、かなしいなあ、…。
記憶・過去・背景が極力排除されたこのお話。ひょっとしたら何より純粋に恋愛にだけ焦点をしぼって、ラブストーリーとして描かれた作品といっていいのかもしれませんね。

ありがとうございます。読んでから日にちが経ったけれど、こうして他のかたの感想を拝見することで、読んだときの思いを追体験できるのが、いいですね。
秋月 |  2009年05月01日(金) 12:37 |  URL |  【コメント編集】

にゃんこさん、こんにちはっ♪

うん、再読にもちょっと覚悟が必要でしたよ。
そして1度目のときより、すごく印象に残る感じ。

> こんな愛の形もありかなと。
> 真似は出来ませんが…。

こんな愛を貫くにはそれこそパワーがなければ無理よね。
彼等の恋愛を理解するのになけなしの脳みそをすごく消耗した気分だったのだけど、
彼等をいつまでも見つめていたいとも思いました。

たまにしか出没しないのに、TBありがとうございました。
すみか |  2009年05月05日(火) 18:36 |  URL |  【コメント編集】

秋月さん、こんにちはっ♪

読み手によって受け取り方は変わるものだけど、このお話は特にはっきりでるみたいで、
それも面白いですね。

> すみかさんみたいに、津田の苦しみをただ純粋に、受け止めて、津田の恋心を真摯に受け止めていれば、「優しいラブストーリー」という見方もちゃんとできたのにな、と。

あー、私は初めて読んだとき、自分が介護していた時と重なっちゃって、
介護小説を読んでいる気分になったし。
だから津田の愛に圧倒されたのかもしれませんが。

TBありがとうございました。
すみか |  2009年05月05日(火) 18:55 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://meimu2.blog70.fc2.com/tb.php/476-ff003834

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

明日も愛してる

明日も愛してる (Holly NOVELS)安芸まくら蒼竜社 2008-08-04by G-Tools 切なくて泣ける。 濃厚すぎて体力消耗しました…。 【明日も愛してる/安芸まく...
2009/05/01(金) 01:15:08 | にゃんこのBL徒然日記

『明日も愛してる』安芸まくら

『明日も愛してる』  安芸まくら/著 深井結己/絵  蒼竜社ホリーノベルズ (2008.08)  Amazon / 楽天 創刊以来、木原音瀬の作品のみを出版し続けていたホリーノベルズからついに他の作家さんが登場。というだけでも気になるのに、深井結己さんの雰囲気のあるカ...
2009/04/30(木) 00:56:55 | 月と凌霄花

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。