2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.03.07 (Wed)

『聖なる黒夜』 柴田 よしき

「愛してる者をわざと傷つけて、遠ざかるように仕向けたり、
殺してしまおうとしたり… 俺には分からん」


聖なる黒夜〈上〉 聖なる黒夜〈上〉
柴田 よしき (2006/10)
角川書店
この商品の詳細を見る


ハードボイルドであり、ミステリであり、そして恋愛小説でもある密度の濃い作品。
RIKOシリーズの外伝的作品らしいが、単独でも充分楽しめる。

複雑に織り上げられた人間模様に潜む愛憎や数々の屈折した出来事が、
次第に解かれ、見事に収束していく。

一度、強烈な愛憎を一人の男と交わしてしまったら、
相手の命が果ててしまっても、自分の命が尽きない限り、
その妄執は断ちがたいのかもしれない。
そんな過去のしがらみや愛憎が絡んだ初期JUNE作品に馴染んだ世代には、
特に懐かしい匂いがするのではないだろうか。

もう1ヶ月以上前に読了したので、印象が少し薄れてしまったのだけど、
冤罪事件や同性愛など、重いテーマのわりに、
上下巻の厚さを感じさせず、さくさく読むことができる。



やーっと感想UPできましたー
溜まりに溜まった宿題がひとつ終わったぜ、ベイベー――って気分(笑)。

【More・・・】

ところで、本書を読んでいくうちに、
高村薫の、いわゆる「合田シリーズ」を連想したのは私だけ?
13:42  |  BL小説  |  TB(1)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

すみかさん、おひさ♪
『聖なる黒夜』…読みましたかぁ\(^o^)/
すみかさん好み?かな???
>高村薫の、いわゆる「合田シリーズ」を連想したのは私だけ?
それよりも、ずっとず~っと「濃い」と思います♪
RIKOシリーズも、結構ハードかも。
山内練は、『フォー・ディア・ライフ』などのハナちゃんシリーズにも、ちょこっと特別出演していますよん♪(んなことは知ってる?^^)
練からはね~、私は離れられません(*^_^*)
そら |  2007年03月19日(月) 23:39 |  URL |  【コメント編集】

そらさん、コメント下さってありがとう♪
作品の好みはともかく、悪魔っ子な山内練がツボです(笑)。
先だってそらさんのブログで、『フォー・ディア・ライフ』に練くんが出演していると読んだので、
さっそく読んでみました。
花ちゃんもいいけど、個人的には、山内練氏の魔性の経済ヤクザぶりが読みたいな。
RIKOシリーズも、そのうち読んでみようと思っています。
高村薫さんの「合田シリーズ」よりもっと重なるのは、
花郎藤子さん[http://meimu.sakura.ne.jp/page050.html ]の
『禽獣の系譜』や、
新しいところでは英田サキさんの「疵シリーズ」
――って、全部濃ゆーいBL系だったりしてe-277
っていう変な方向に話題が飛ぶんですけど、あとでTBさせてもらっていいかしら。
すみか |  2007年03月21日(水) 00:11 |  URL |  【コメント編集】

すみかさん、こんばんは。
オススメしていただいたこの本、GWにガッツリ読みました!
凄く良かったです。
でも、これを一般の人が読むというのが信じられません(笑)
どう考えてもこれは男の愛憎劇ですよね…。
あんなに男同士の絡みが堂々と出てこようとは…予想以上にホモで嬉しかったです☆
>そんな過去のしがらみや愛憎が絡んだ初期JUNE作品に馴染んだ世代には、特に懐かしい匂いがするのではないだろうか。
栗本先生とかが刑事物のミステリーを書いたら、こんな感じかもしれませんね。
栗本先生だったらもっとネチネチ心理描写が続いて、この倍のボリュームにはなりそうですが…。
ラストがハッピーエンドというのが凄く意外でした。ここでもし山内が死んでいたらまさしくJUNE!って感じだったと思います(笑)
私は及川が気になるキャラだったのですが、英田先生の「エス」シリーズの永倉という男を思い出しました。
性格悪いけど、可哀想でハラハラしてしまいました(笑)
そういえば、「所轄刑事・麻生龍太郎 」という本が出ているようですね。
そちらも気になるのですが、まだハードカバーしか出ていないので迷っています。(高いから)
TBさせ頂きました。
それではまた~
にゃんこ |  2007年05月06日(日) 01:05 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://meimu2.blog70.fc2.com/tb.php/516-0fed55d6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

「聖なる黒夜」上・下 柴田よしき

RIKOシリーズでも、ハナちゃんシリーズでも登場した、山内練の物語。「濃ゆいお話」でした。★★★★☆ほかにも、麻生や野添奈美先生など、ほかの作品でお目にかかった方々が登場して、柴田さんの頭の中ではこ
2007/03/26(月) 11:11:46 | 日だまりで読書

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。