FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009.04.30 (Thu)

「愛するということ」谷崎泉

永遠に行き場のなくなってしまった恋情に、新しい恋を上書きできるか?

4044544026愛するということ (角川ルビー文庫)
谷崎 泉
角川グループパブリッシング 2009-05-01

by G-Tools

デザイナーの壱は、仕事先で今は亡き恋人と同じ声を持つ大企業の社長・灰田に出会う。驚く壱だったが、声以外は似ても似つかない不遜な態度の灰田になぜか気に入られてしまう。人の気も知らずに迫る灰田を邪険にしつつも、灰田の声の昔の恋人を思い出し不覚にも泣いてしまった壱は、強引だけれど優しい灰田の温もりに、体をまかせてしまい…!?「すまないが、お前を諦める気はない」美貌のセレブ×勝ち気なデザイナーのアダルト・ラブ。



谷崎さんのリーマン物は、つくづくワーカーホリックな登場人物が多い。
この小説でも、才能豊かなデザイナー壱(いち)の事務所は、零細だからこそ多忙を極めている。
いつもながら、登場人物は多いし個性的。そして、しっかり酷使されている(笑)。

出会った男は顔も性格も違うのに、声だけが事故で失った恋人と重なってしまう。
耳にする度に、恋人を思い出してしまう息苦しさ。
未だに恋人の死と向き合えない壱が、その声にどうしようもなく流されてしまう様が痛々しくて、
読んでいるこちらまでやるせない気持ちになってしまう。
ゆっくりと、少しずつ歩み寄って、愛を育ててほしいと願いたくなる。

ボロボロの壱を見守る周囲の視線の温かさが、谷崎さんらしくてほっ。
続編がすごく楽しみ。

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

16:17  |  谷崎 泉  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://meimu2.blog70.fc2.com/tb.php/529-745f2bbd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |