2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.05.11 (Mon)

池波正太郎(いけなみ しょうたろう)

【作者紹介】
言わずと知れた時代小説の大家である。1000作以上の著作を残され、1990年に急逝。
私にとって「粋な殿方」の象徴でもあった。
行間から匂いたつような色気、テンポよく流れるストーリー、 絶妙なる会話、魅力的なキャラクターと、
どれをとってもエンターティメントな作品で素晴らしい。
特に会話の妙には唸ってしまう。ストーリーを説明するためや意味のない会話を羅列する小説が
多い中、会話にも計算された「粋」がある。
会話が会話として完璧に表現されている、といったらいいのだろうか。
読み手に、人物の口の動きから体全体の動き、そして、その場の空気の動きまでもを体感させ、
また会話の「間合い」にすら、微妙な心理描写を感じさせるのである。
氏は食道楽でも知られ、その関係のエッセイ集も楽しい。
作中にさり気なく配される食のシーンに思わず生唾を飲み、ついで作ってみる私である。
これがなかなか評判がよく、レパートリーが増えて嬉しかったりする(笑)。

ところで普通は、池波作品とJUNEが結びつかないかもしれないが、侮ってはいけない。

男色といっても、形態はさまざまである。
男と女が愛し合うように、男同士が肉体を愛撫し合うのも男色だが、強い精神的な
愛にむすばれているのも、一種の男色といえる。
ことに武士の世界にはそれが多い。(仕掛人梅安『殺しの四人』より)


と池波氏が書いているように、元々武士道には男女の色恋よりも、念者、念若という関係が尊ばれた
背景がある。
花郎藤子氏の『禽獣の系譜』ところでも書いたのだが、もともと男という種族には「男心に男が惚れ
た」とか、「あんたのためなら命も捨てる」という「ホモ因子」が潜んでいるらしいのだが(笑)、
それが氏の筆にかかると、同性が書かれることもあるのだろうが、何とも艶かしかったり、
ときに生臭かったり、そして切なく読ませてくれるのである。
時代物と敬遠される向きもあるだろうが、「人の世界は善と悪とが紙一重」「人の世は辻褄が合わぬ
ようにできている」という氏の人生哲学とともに、覗き見する価値は大いにある作品たちではないだろ
うか。

余談だが、「私の故郷は、なんといっても浅草と上野である」とエッセイに書かれている池波氏は、
浅草聖天町で生まれ育ち、今は西浅草の西光寺に眠っている。
作品と資料、そしてさまざまな時代小説を収集した「池波正太郎記念文庫」が東京の浅草にオープン
された。また、ここから歩いて10分ほどのところの台東区立中央図書館に記念文庫が設立されてい
る。全著作、書斎の復元、遺愛品などを常時展示して、江戸っ子の粋を貫いた池波ワールドのすべて
が堪能できる。


「闇の狩人」
「男色武士道」
「剣の誓約」(『剣客商売 』収録)
「妖怪・小雨坊」(『剣客商売 』収録)
「隠れ蓑」(『剣客商売 』収録)


【More・・・】

*この記事は website
【CAFE唯我独尊】
から移行しました。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 本・雑誌

01:12  |  池波正太郎  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

こんにちは♪池波作品は(だけでなく時代物はだいたい)今でいうところの「ホモソーシャル」と「ホモセクシュアル」の垣根のない世界観ですよね。それゆえの面白さだなあと思っているわたしです。
ところで、放映中の大河ドラマの原作を、携帯マンガでBL風に描いて配信するらしいのですがご存知ですか?
なんという色気のないことをっ、、、イヤこれは男色肯定社会への揶揄かしら?と頭の中がハテナマークだらけの私です(っていきなりすみません…(^^;
mina |  2009年05月12日(火) 00:13 |  URL |  【コメント編集】

minaさん、こんにちは♪
武士社会では今でいうライバル関係ですら、なんだかあやしく感じるのは読み手が邪まなせいかしらん(笑)。
「若道の誓いのしるし」とか、「念者」とか、男色文化が妙に大らかに語られているものね。
私はHPの方で『男色大鑑』の超訳なんてやっているので、耳年増になっているせいか、よけい妄想がね…むにゃむにゃ(笑)

>大河ドラマの原作を、携帯マンガでBL風

あー、主人公の俳優さんはじめ人気俳優さんが揃っているから、たぶん同人ではもうすでにあるとは思います。
個人的には、妄想は妄想のまま、こっそり楽しんでほしいかなー(笑)。

あ、もし『男色大鑑』に興味がおありでしたらこちらです。
お暇なときにでも覗いてみてくださいな。
【CAFE唯我独尊(website)】>【 迷夢的西鶴】になります。
(リンクを貼ろうとしたら貼れなかったのです…)
すみか |  2009年05月13日(水) 15:51 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://meimu2.blog70.fc2.com/tb.php/531-f1a64585

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。