FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2003.03.28 (Fri)

「隠れ蓑』池波正太郎

『剣客商売 七』収録

人の絆とはかくも皮肉で、そして切ない。それは、もしかしたら老いを重ねてしみじみと分る人生の重みであるのかもしれない。

托鉢僧と盲目の武士という年老いた二人連れは、かつて秋山大治郎が旅の途中で出会い、袖すら触れ合うかどうかという程度の関わりであったが、何故か心に残っていた。
その老僧と、大治郎は偶然再会する。
かいがいしく盲目の武士を介護する老僧の姿は、さながら「念友」のようであった。だが、二人は二十八年におよぶ仇討ちの仇同士だった。

心の深奥で、静かに深く結びついているにも関わらず、老僧は常に罪の意識を抱えて生きねばならなかった。その相手を仇と知らぬまま、盲目の武士は道連れとなった老僧に感謝しつつも、そんな己にもどかしさが滲んだ諦念を抱いている。

「追う者」と「追われる者」という過去の因縁は、絡み合い、縺れつつ、肉親とも夫婦とも異なる不思議な関係を築いている。男色そのものを描いているわけではない。でも思わず、「これってJUNEそのものじゃない」と呟いている私がいた。

彼らの老いの寂しさ哀しさに己を重ねる小兵衛と、大治郎の若さが鮮やかな対比となって印象深い。読後、ひたひたと肌身に染み入る究極の「じじいJUNE」――というジャンルはないか?(笑)。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 本・雑誌

00:53  |  池波正太郎  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://meimu2.blog70.fc2.com/tb.php/537-4d95fd1e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |