FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2002.05.31 (Fri)

「黒狼秘譚Ⅲ―天の狼煙火」斎城昌美

ヴェイアノスの国土を襲った大規模な地震によって、国境線が崩壊。大規模なバウィラノスの侵攻を前に、ヴェイアノスは滅亡の危機に立たされる。
病床にあるヴェイアノスの王は王家に伝わる言い伝えに従い、アウラヴェイウェイ神の力にすがるべく、チキサムル峰の神殿に宝珠を納めることを決意。その力がどういうものかも分からぬまま、王の命令によって、ナシオリスとアシュラウル一行は神殿に向かうこととなる。

悪霊や寂しさのあまり気の狂った精霊たちが徘徊する魔霊の森で、アシュラウルは叔父であるクウィル・ヴォル神が自分を(ついでに同行者たちも)守護していたことを知る。そのクウィル・ヴォル神こそがアシュラウルが人の子であり、養い親であるロア・スタンから引き離す一端を担った神でもあった。
魔霊の森を抜け、バウィラノス軍に追尾される途中で、アシュラウルは愛するモアラをナシオりスの剣によって失うこととなる。
やがて神殿にたどり着いたとき、数多くの犠牲とともに戦いはさらに無残な結末を迎えることとなる。そしてすべてを失ったアシュラウルは、従者ベノウィックとともに海を渡ってゆくのだった。

愛する人、かけがえのない友、守ろうとした両国の犠牲の大きさ――すべてを失い、深い喪失感に呆然と立ちすくみ、背を向けるしかなかったアシュラウルが切なくて、抱きしめて一緒に泣いてやりたかった(迷惑だろう)。
戦争は奪うもの、奪われるもの。与え得るものは悲哀だけだと、突きつけられるようだった。

そして、満を持して登場(笑)!! 菫色の瞳が素敵な、そして冷酷なクウィル・ヴォル神は、これからアシュラウルの運命に良くも悪くも大きく関わってくることになります。邪まをご想像した方…そう、その通りだよん(笑)。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 本・雑誌

00:00  |  斎城昌美  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://meimu2.blog70.fc2.com/tb.php/545-0f9a9b34

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |