FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2002.11.25 (Mon)

「白狼綺伝Ⅱ―精霊王の琵琶」斎城昌美

ニーヴァンから夜逃げし、気儘な旅を続けるアシュラウル一行は、足を痛めた旅人イキュエを助ける。彼は故郷の救済を求めて、ニーヴァンを救ったという精霊王を探していたのだ。
アシュラウルはイキュエに真実を告げぬまま、共に旅を続けることになる。
だが、ダナスターンとイキュエは最初から敵愾心を隠そうともしなかった。それは互いの故国を征服した肌の色に起因していた。ダナスターンの故国を滅亡させた黒い肌の人間と、イキュエの故郷を征服して奴隷と貶めた白い肌の人間――肌の色の違う民族を戦わせるのはカイムジェサ帝国の常套手段でもあるのだ。
目の前の人間を憎悪するしかない2人がやるせない。だが、アシュラウルはかつての敵と手を結べば真実の敵=帝国をも倒せるはずではないかと諭す。気儘な旅は一触即発の険悪な旅となるが、ベノウィックの心配をよそにアシュラウルは中庸の立場を守るのだった。

やがて一行は呪われた都に閉じ込められたという、アマラン王国の第三王子ルシュエスの噂を耳にする。
遠見、予知、読心の力を持ち、カイムジェサ帝国からアマランを守ってきたルシュエスを救出するため、アシュラウルたちが奮闘する。命を懸けた闘いは、完全とまでは言えないまでも、
ダナスターンとイキュエの距離を少しずつ縮めることにもなった。
ルシュエスはアマラン南部の都ダィーラでの謀反を予知しており、それを阻止するためにアシュラウルたちは同道することになる。その道中で立ち寄ったクィラという都で起きたある事件がきっかけとなり、アシュラウルはカイムジェサ帝国の皇帝ダリュワーズと、その帝国の妖術師に力を与えている妖魔バシュマハドを初めて己の敵と認識し、これを打ち倒すことを誓う。

粗筋だけ読むと殺伐とした内容だが、この巻は幾つかの切ない「愛」が描かれていて、じんわりさせられる。閉ざされた都での裏切りに悶え苦しむ「愛憎」。その対極ともいえる互いに心を寄せながら互いの立場を尊重し合い、見つめ続けるだけの「愛」――こういう愛って大人だよなぁ。
さり気なく配された、ちょっとしっとりしたラブストーリーにうっとり・・・としている間に、事態は新たな展開を迎えるのである。金髪碧眼のルシュエス王子が可愛い♪

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 本・雑誌

00:31  |  斎城昌美  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://meimu2.blog70.fc2.com/tb.php/547-217aa4ec

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |