FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2002.11.25 (Mon)

「白狼綺伝Ⅳ―狼の黒い旗」斎城昌美

アシュラウルとベノウィック、ダナスターン、イキュエの一行は海を渡り、カイムジェサ帝国内にあるものの支配の届いていない深い谷へと足を踏み入れる。アシュラウルは、クウィル・ヴォル神によって造営された青耀宮(イレウィス・ダラーム)を拠点とし、「精霊王」として今も帝国と戦い続ける周辺の遊牧の民を統合し、挙兵の準備を始める。それはベノウィックたちとも一線を引くことでもあり、半神半人としてのアシュラウルの孤独を深めることでもあった。

一方ダリュワーズはアマラン侵攻のため、北方へ向けて進軍を始める。帝国軍の主力が北方に向かっている隙を突いて、アシュラウルは南から攻め上がる戦略をとる。
偵察に訪れたイピリ砦で、帝国の魔術士によって多くの民草が無造作に犠牲とされる様子を目撃したアシュラウルは、怒りに任せて非力な妖魔を滅ぼし、衝動的で無慈悲な自らの「神としての魂」に愕然とする。だが戦いは止めようもなく、アシュラウルは、圧倒的に数で優るイピリ軍を冷徹な戦術で分断し、軍を完勝に導く。
鮮やかな勝利ではあったが、部族間の対立あり、帝国側の間諜の暗躍ありと、様々な問題を孕んでの勝利でもあった。

この巻より「剣と魔法」というより、戦略戦術を駆使する「軍事と謀略」によるファンタジーへと、一気に軍事色が強くなる。部族間の確執から統合されていく過程が丁寧に書き分けられており、斉城氏の揺るぎない筆力に圧倒される。
異なる部族的性格、慣習の相違は簡単に乗り越えられるものでなく、これからのアシュラウル様の苦労が思いやられるが、それにもましてご苦労なのは繊細で気配りの人、ベノウィックではなかろうか。彼なくして部族の決起は難しかったと思う。
そんな人がアフガニスタンにもいればいいんだけど・・・・・・今回revieのための再読をしていて、ふと現実と重ねてしまったのだった。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 本・雑誌

00:35  |  斎城昌美  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://meimu2.blog70.fc2.com/tb.php/549-4642c7cf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |