FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2002.11.25 (Mon)

「白狼綺伝Ⅴ―獣神たちの夏」斎城昌美

北方のアマラン軍はダルナディート国境で帝国軍を相手に苦戦を強いられていた。アシュラウルはベノウィックにのみ真実を告げ、ダリュワーズとの一騎打ちを狙い国境へと向かう――クウィル・ヴォル神に送らせちゃうところがすごい(笑)。神様をアッシーにしてしまっているのだ。
だがこの決闘でアシュラウルは右腕を切り落とされ、ダリュワーズも瀕死の重傷を負う。
ダュワーズは妖魔バシュマハドに助けられ、アシュラウルはクウィル・ヴォル神によって腕を繋がれるのだが、その痛手は深く引きずることになる。

くすぶる部族間の確執、暗躍する魔術士の謀略など、アシュラウルは苦悩する。彼は決して万能ではない。
北方のカイムジェサ帝国に数で大きく劣るアシュラウル軍は多くの犠牲を強いられながらも、帝国の領土を削り取り、人々を解放してゆく。
天空ではクウィル・ヴォル神と妖魔バシュマハドとの戦いが繰り広げられ、ついには竜族の王キゼラドを仲立ちに帝国との和睦を結ぶことに成功する。
ここにアシュラウルを神皇帝とする「神聖連合王国」が誕生するのである。ついでにしっかり領土を横取りする老竜キゼラドが老獪なくせに、とてもチャーミング♪ 

謀略、嫉妬、裏切り、繰り返される生と死――重いテーマだ。だが、他者に犠牲を強いてまで守る信念に価値があるのだろうかとか、志半ばで逝かねばならぬ者の思い、残される者の苦しみ悲しみを見つめるとき、使い古された言葉ではあるけれど、命より大切なものがあるのだろうかと思う。そして、平和とは所詮、永遠の途上なのだと、一抹の虚しさが過ぎるのでした。

「軍事と謀略」の戦記物ではあるのだけど、剣と魔法とドラゴンのファンタジーの三種の神器もしっかり出てくるから、これもファンタジーには違いない(笑)。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 本・雑誌

00:38  |  斎城昌美  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://meimu2.blog70.fc2.com/tb.php/550-881f0f81

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |