FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2005.10.19 (Wed)

「李歐(りおう)」高村 薫

1999年2月/講談社文庫
日本と大陸を股にかける、青春と恋愛を絡めた冒険大活劇・ハードボイルド風味。
6歳で母親に捨てられ、世の中に対して屈折した感情を抱く吉田一彰。今は阪大の工学部に在籍しながらも無為な毎日を送る一彰は、バイト先のクラブ・ナイトゲートで美貌の殺し屋・李歐と出会う。まるで女のように艶かしく踊り、強烈な個性と魅力を持つ李歐。彼との出会いによって、一彰のその後の人生は大きく左右されていく。

中国の公安やらCIAやらテロリストやら大阪府警やら大阪きってのやくざやらと、血生臭さい話がからんでいても、そちらが主体なわけじゃない。端的にいえば、一彰と李歐のラブストーリーである。
しかし作品の中で二人が一緒にいる時間は長くない。一彰と李歐の二人でやったことといえば、100丁の密輸拳銃をヤクザから横取りすることくらいだ。大陸での再会を約束して二人は別離する。李歐と一彰は多くのものを失いつつ、それでも約束の地にたどりつくことを夢見てあがき続けるのだ。
とはいえ、二人の間にはっきりとした恋愛感情や行為の描写はない。あくまで、そこはかとなく淫靡な関係に留まっている。

しかし、この二人がなぜそれほど惹かれ合ったのだろう。
一彰の抱える過去は、けっして軽々しいものでもなければ、平凡なものでもない。だが、当時文化大革命で悲惨な状況にあった中国大陸で生まれ育った李歐の人生は、一彰の過去など霞んでしまうほど壮絶だ。それでも互いに強く惹かれ合う――まるで別たれた半身を求めるかのように。
そして、ふと思うのだ。恋愛さえも超越してしまう、互いの魂を求め合う。そんな相手こそ、人は本能的に求めているのかもしれない。

「この世界で、他人の口から身を守る方法は二つある。一つは、殺す。
 もう一つは、相身互いの共存だ。ぼくはあんたに名前を教えることで、
 それなりの代償を払う。あんたも、ぼくの名前を知ることで応分の代償を
 払うことになる。そういうことさ」

ほとんど一目惚れのごとき出会いから再会するまでの15年を、2人は互いの生存だけを信じて互いの絆を深めていく…という、一歩間違えば陳腐になってしまいそうな物語を、人と人との運命的な出会いと、揺れ動いていく心情を描いた人間ドラマとして読ませ切ってしまうのは、高村薫という作家の力量ってものだろう。

作品の凶暴性が潜んだ猥雑な背景と対照的に、作中に何度も使われる満開の桜というモチーフが、華やかさ、儚さ、妖しさ、そして力強さとそれぞれに描写され、とても印象的。


line_b03_1.gifline_b03_1.gifline_b03_1.gif
【関連作品】
■ マークスの山(上・下)
■ 照柿
■ レディ・ジョーカー(上・下)
■ 李歐(りおう)
■ リヴィエラを撃て(上・下)
■ 神の火(上・下)

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 本・雑誌

23:52  |  高村 薫  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://meimu2.blog70.fc2.com/tb.php/552-49d2207a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |