FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2002.01.09 (Wed)

「グッバイ・ミスティ・ラブ」野村史子

おまえの愛は、決して、誰からも奪われることはない。


初出1987年「小説JUNE 8月号」/
『レザナンス・コネクション』収録 1990年 角川スニーカー文庫

【内容】
森川真二(真)は仕事で訪れたロンドンで12年振りに、街角でヴァイオリンを弾く透を見かける。
2才になる前に母を亡くした真を育て、愛してくれたのが当時17才の透だった。だが、11才の誕生日の翌日、透はふらりと出て行ってしまったのだ。
真は街で引っ掛けたチェックの中に透の面影を求める。自分を抱きながら真が別の人間を求めていることを知りつつも、チェックはそれを受け入れる。
透への経ち切れぬ想いと、チェックの愛情に応えられない自分に疲れ、真は日本に帰る決心をするが、別れを告げに行ったアパートで真はついに透を犯してしまう。
その日のうちに姿を消した透と、自分を慕うチェックへ罪悪感に苛まれながら、真は日本に帰る。傷ついたチェックは、やがてゲイ・コミュニストのリューと結ばれ、2人で解放運動を続けるという困難な道を選ぶ。

それから2度目の秋、透が見つかったという連絡を受け、真は再びロンドンへ向かう。
病院で再会した透は、だが真を分からなかった。
永遠に透を喪失した真の元にチェックからリューの死を知らせる手紙が届く。愛する人を失いつつも、チェックは、これからもリューとの夢を育てていく決意を告げるのだった。


【書評】
率直にいえばリュー以外の登場人物はモラトリアムでしょう。真にしろ透にしろ、自己完結してしまった愛は奪うだけで発展することはありません。その視点からいくとチェックだけがモラトリアムから脱します。
チェックの愛は相手のすべてを受け止め、容認しようとする愛です。
「アホで卑猥で無教養」と真に罵られながらも、チェックはその苦悩さえ涙とともに呑み込もうとします。その純粋さゆえ、チェックはずたずたに引き裂かれながらも、愛に前向きなのでしょう。
リューの手助けもありますが、自己嫌悪の深いチェックが自分を愛するようになり、自分に自信を得て、そして人を愛したとき、その愛は相手をも成長させるのではないでしょうか。
自信に裏打ちされた愛は、たとえ理不尽な理由でリューを失っても終止符が打たれることはありません。与える愛は与得る愛でもあるのです。
しかし残念ながら真の愛は奪うだけでした。チェックを利用し、透から奪うことしかできなかった愛が真に残したものは喪失感だけだったのです。
一所に落ち着けず、風のようにしか生きられない透もまた、モラトリアムから逃れようとすることすら放棄した人間ではないでしょうか。彼が唯一愛したのは、11才で置き去りにした幼い日の真でした。
透が無条件に愛した対象は、真にとっては幻想でしかありません。
他ならぬ真によって破壊された透の愛は遂に現実と向き合うこともないまま、彼は自分の愛した頃の、幼い真の住む世界に閉じこもってしまいます。
それぞれの孤独な愛を冷厳と突き放した真の目で見つめつつも、精細に描かれています。


関連記事
「テイク・ラブ」(新装版)
「テイク・ラブ」
「レザナンス・コネクション-共鳴関係-」
■「グッバイ・ミスティ・ラブ」
■【【作者紹介】





*この記事は website【CAFE唯我独尊】から移行しました。


テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

19:26  |  野村史子  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://meimu2.blog70.fc2.com/tb.php/563-f3cc593c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |