FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2004.08.09 (Mon)

「花鬼」山藍紫姫子

「お前は、いくつ、わたしを裏切っているのだ?」


能楽界最大流派・観月流を襲ぐ美貌の能楽師・観月鏡花。
艶かしくも美しい彼を求めて、嫉妬と欲望渦巻く男たちの狂宴が始まる―。
甘美な官能の世界を描いた禁断の愛の物語。(本書帯より)

4048735039花鬼
山藍 紫姫子
角川書店 2003-12

by G-Tools


『花夜叉』の続編だが、これ1冊でも読める。能楽の流派をつぐ美貌の能楽師――それだけでも想像がつくだろうが、バリバリ耽美である。SM度も高いが、あくまで美しく表現できるのはさすが山藍氏。
硬質な美貌の鏡花が、強要された屈辱的な享楽であるにかかわらず、開発された肉体の方は快感をむさぼってしまう。その奥底から彼の深い哀しみが漂ってくる。
彼の美しさ・儚さに魅せられる者たちに翻弄される鏡花。だが鏡花は周囲に流されているようで、実は周囲が踊らされているのだ。そんなたおやかな鏡花の下克上ぶりに魅せられる。
鏡花のための裏方に徹し、計算高く観世流を操る鏡花「命」の世話役・真木の胡散臭さにも味がある。希望を言えば、もっとあざとく暗躍させて欲しかった(笑)。
そして何よりも挿画の小林智美さんにびっくり。なんでも出版社から修正が入ったとか。同人誌以外でこんな官能的な小林のイラストを見たのは初めてじゃないかな。


関連記事
■ 作者紹介
■ 長恨歌
■ 金環蝕
■ スタンレー・ホークの事件簿(シリーズ)
■ 闇を継承する者日影成璽(シリーズ)
■ 花鬼
■ 王朝恋闇秘譚
■ 完全版 虹の麗人―『イリス・虹の麗人』
■ アレキサンドライト

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

23:53  |  山藍紫姫子  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://meimu2.blog70.fc2.com/tb.php/569-8f142c91

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |