2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.11.06 (Fri)

「黄金のローマ-法王庁殺人事件」塩野七生

4022640553黄金のローマ―法王庁殺人事件 (朝日文芸文庫)
朝日新聞社 1994-12

by G-Tools



1995年 朝日文芸文庫
3部作最後の舞台は「永遠の都」ローマ。
1537年夏、ヴェネツィア貴族・マルコ・ダンドロが、愛人である遊女オリンピアと訪れたローマは、ルネサンス最後の法王と呼ばれる名門ファルネーゼ家出身の法王パウロ三世が治めていた。息子のピエール・ルイジ・ファルネーゼは教会軍総司令官、孫は枢機卿と、当時のローマはファルネーゼ家が絶大な影響力を持っていた。ローマはオリンピアの出身地でもある。
マルコがオリンピアを通じて知り合うこのファルネーゼ枢機卿は、実はオリンピアとピエール・ルイジ・ファルネーゼとの間の息子だった――と、エピソードを積み重ねていく物語の前半は、ローマという国際都市やその周囲の描写である。

国際都市=単身赴任の外国人が多い=春をひさぐ仕事をする女性の供給が多いというわけだけど(いつの世も殿方はしょーもないね)、宮廷人の女性形である高級遊女と、肉体で仕事する娼婦の違いや、ファルネーゼ家の支援を受けて活躍していたミケランジェロが「最後の審判」を製作する過程、カピトリーノの丘に1tもあるマルクス・アウレリウスの騎馬像を運ぶ様子など、時代描写や細やかな言葉遣いは、まるで自分がタイムスリップしてその場に立ち会っているような臨場感に溢れている。

ところが物語の後半、ヴェネツィア、スペイン、法王庁の連合艦隊がプレヴェザの海戦でオスマン=トルコに敗れ、事態は急転する。
一度はローマに残り、オリンピアと正式に結婚することを決意したマルコだったが、ヴェネツィアから召還され急遽帰国することになる。だがヴェネツィアに帰れば、貴族であるマルコが遊女と正式な結婚をすることはできない。それでもオリンピアはマルコについて行こうと決心するのだが、マルコとの正式な結婚を理由にオリンピアと別れることを認めたピエール・ルイジ・ファルネーゼが激怒して駆けつけてくる。マルコとオリンピア、二人の恋は成就するのか?

この海戦に敗北したことで、ヴェネツィアはやがて衰退していくのだが、『すべての国の歴史は、もっとも華やかに見える時期こそが「終わりのはじめ」であったことを実証している』と著者が述べているように、この3部作はヴェネツィア共和国の繁栄と華麗なイタリア・ルネッサンス文化が終焉へと向かう様を描いている。

タイトルの「殺人事件」は、推理小説的意味合いの事件ではない。だが、マルコとオリンピアにとって重要な意味がある。二人が歩いた街並みや、愛を紡いだ家、そしてローマ人の精神の礎ともなっている多くの古代遺跡など、生き生きとした描写に魅了される。
そして、3部作にわたって微塵も揺るぎない壮麗さは驚異だ。(2004年12月12日 記)

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 本・雑誌

22:39  |  塩野七生  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://meimu2.blog70.fc2.com/tb.php/592-b9bce6e7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。